読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tobamiの親子で山村留学体験記

サイヤ人になるのが夢の兄!バスの運転手が夢の弟!山村留学で『1000個外遊びをする』を目標に、体験を通して思ったことを書くブログ

think thinkの無料化!

なんて太っぱらなの!

 

感動してます。

 

教育機関を選ぶ時には

その経営者の教養の深さまで

考慮して選ばないといけないのなら

 

何と大変な事だろうと

思った時期があり

消化出来ずに過ごしていた。

 

去年のいつだったか忘れてしまったが

花まるの高濱先生のコラムの中で

税金についてどう考えているのか、

書かれたものがあり

気持ちを優先して言葉にすると

「激しく同意」だった。

 

あのコラムで

花マルの虜になった。

 

こども園の角川先生といい

高濱先生といい

私の大好きな先生たちは

人から頂くお金に対して非常に

謙虚だと私は感じた。

 

兄弟たちには

そんな人間になって欲しい。

 

だから

教育機関を運営する人の

考え方と実際の行動を見て

尊敬出来る人の所に行かせる。

 

そんな風に私の教育に対する

考え方が変わったのだから

しょうがないと

おととしの出来事を

考えられるようになってきた。

 

f:id:tobami:20170315115117j:image

弟は絵を描いていろんな人にあげるのだそう。

そしてその絵はずっと捨てずに

持っていて欲しいそう。

 

気持ちはわかるが、

もらった人の好きにしてあげてほしい。

 

 

1人で引っ越しご苦労様です。

ばりたさんThank you.

 

 

もうすぐ修村式

かなんばれが終わりぼーっとしていたら

修村式が近づいて来た。

 

f:id:tobami:20170314145121j:image

流した難は  「手あそび」。

理由を聞いたが、濁された。

 

 

 

一年間

いろんな人に迷惑をかけたり

教えてもらったり

しながら

やってきた。

 

親子山村留学してわかったことは

 

虫は一年中出るってことと

ゆとりは親にこそ必要、

そして

私のパパありがとう。

 

ついに、

あなたへの感謝の気持ちがうまれたよ。

 

まさかこんな日が来るとはと

驚いています。

 

としをとったからかなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちのおひな様作り

f:id:tobami:20170301213328j:image

うまく立てなくて

半泣きの弟。

 

面白いので見守る。

 

 

 

 

おひな様作りを見学した。

 

高学年が低学年を教えている光景が

 

「あぁ、いいなぁ」と

つくづく思った。

 

兄は

ほぼ作ってもらっていたが

それも良い経験に思う。

 

3月3日 かなんばれ

晴れると良いな。

 

 

 

 

かなんばれのおひな様

学校の先生から

おひな様の作り方を

教えて頂いた。

 

f:id:tobami:20170222052758j:image

 

これを

3月3日に川に流す。

 

子どもたちが作ると

おびながモヒカンだったり

刀を背負っていたり

めびなの髪が編みこまれていたりと

個性あふれるお雛様が出来上がるそうだ。

 

子供達のおひな様作り

見学が楽しみだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

メンタルボコボコママ

リフォーム会社に

請求書を頂いたので

明細書も下さいと言ったら

「口頭で説明致します」と言われ

ペーパーレス化はここにまで!?と

少しだけ動揺しています。

 

ここ笑うとこです。

 

もちろん

そんなわけないですね。

 

只今ボラれ中。

 

いかがお過ごしでしょうか?

 

 

私は、去年に車をぶつけたことを

思い出しました。

 

誰かを巻き込んだ訳ではなく

1人で勝手に落ち込めば済むことだったので

その辺は救われたのです。

 

今回も

事故という感じだなと思います。

 

機関車トーマスも

事故は起こるものさ〜って

歌ってますからね。

 

都心は怖や怖や。

 

f:id:tobami:20170216090817j:image

空と

山に癒されます。

長野は良いとこぞ。

 

 

 

 

話し合うこと

ゲームで喧嘩をするので

聞いている私がイライラする。

なので時間が残っていたが

ゲームをやめさせた。

よほど悲しかったようで

弟は寝るまでしくしく泣いた。

 

次の日

またケンカが起きたが

私を警戒し

お互いに話し合い

ぬらりひょんを1日毎に

交換することで

 

合意点を見つけた。

 

この経験の積み重ねは

価値観の違う人との平和的解決の道に

通じていると感じる。

 

 

 

私自身も

こんな風に解決していきたい。

 

でも、監視する人が必要ってことか?

不在でも出来るようにするには

どうしたらいいか?

もう少し考える。

f:id:tobami:20170206174435j:image

降ったり晴れたり。