tobamiの親子で山村留学体験記

サイヤ人になるのが夢の兄!バスの運転手が夢の弟!山村留学で『1000個外遊びをする』を目標に、体験を通して思ったことを書くブログ

信頼してる人との対話

明日は

2人の面談です。

 

ドキドキします。

 

はい!

 

いかがお過ごしでしょうか?

 

f:id:tobami:20181212212617j:image

 

テルミの先生は

コーチングも上手いのです。

きっと

ご本人はそんな気は無いのかもしれませんが

ママにとっては

スーパーコーチ。

ママが信頼しているということ。

 

ここ1、2週間

胃がキリキリして参ってたの。

 

単に

食べすぎかもしれないけど。笑

 

何か思い当たることある?

って聞かれて

使命を決めたほうがいいみたいで

それについて考え続けてみたけど

ママにしか出来ないこと

をヒントにしても

ママの答えは

ママにしか出来ないこと

など

無い。

だったの。笑

 

関係のない本を開いても

使命って言葉が飛び込んでくるし

誰かの言葉を聞いても

ミッションって出てくるし、

天使の本を立ち読みして

辻占的にページを開いたら

『目標を立てなさい』って。笑

 

まったく

どいつもこいつも!って

思いながら過ごしていたことを

聞いてもらった。

 

まず決めることに躊躇するのは

決めたことから外れた人に対して

ママが差別感情を持つから

嫌だと思っていたこと、

ママにしか出来ないことなどない

普通の人間が

ラーメン屋の看板を掲げるみたいなことに

恥ずかしさを持っていたこと、

実績のない人が出来ることなどあるんだろうか?みたいな不安があること、

みたいなことが分かった。

 

差別感情が湧いたときの対処法は

まだ閃かないけど、

恥ずかしさについては、今更だし笑

実績がない不安については

長倉さんがよく話すように

初めから実績がある人はいない!

解決した。

3個中2個解決なので

ほぼスッキリ。

 

で、

看板は

苫米地博士の本を読んで考えたことが

昔あったなって

思い出した。

 

先生と話をしていて気づいたよ。

 

ママが1番近くに一緒にいる人に対して求めたことは1つ。

 

自分の好きなことをしている人間か?

 

これなんだよ。

 

なぜ争いが起こるのか考えたとき

好きなことをしていないからだと考えたの。

好きなことをしている人は

他人の違いに対して寛容だと感じていて

ママ自身そうありたいと思った。

 

嫌なこと『ばかり』を何とか言い聞かせてやっている人は

好きなことをしている人に対して

いいなと素直に思う人と

そんなんでいいはずない!みたいな

欲しがりません勝つまでは!っていう

戦時中の思想の名残りとでもいうのか

 

まあ、こうあるべきだろうって

押し付ける傾向にあるなって思って。

ママはそういう人だったから。

今も油断するとそうなるしね。

 

 

目標を決めることが嫌なのなら

まあ

決めなくていいか。

振り返ったとき、

ママはこれがやりたかったのか!

って気づく生き方でもいいと思った。

 

人それぞれ

やり方はいろいろでいいはず。

 

ストイックに出来る人もいれば

決めないことにメリットを感じる人もいる。

選択肢の多さかな?

 

とにかく

看板あげる前に

自分がそういう人間になってるってのが

目標です。

 

自分が

好きとか

心地よい方を

選び続けることが出来る。

 

そうすることで

 

すべての人間が

自己実現をして生きていける世界を

作れるかもしれない。

 

そんなことを

考えてたことを

思い出したよ。

 

ママは。

 

 

こういうの夢想家っていうんだろうけど

もともとディズニープリンセス好きですしね。

 

夢想家上等!

 

おやすみなさい。

 

「でも、決めると始まるのよ」

って先生!

 

それで

決めろ決めろって言うのね!

って

体感しました。

 

なんでもっと私に分かるように

言ってくれなかったのかしら?

ママがバカすぎるからだと

ちょっと落ち込んでいたけど、

ちょっと人のせいにしていたけど

 

一件落着!

 

 

前提を確認。

人間のルーツを辿って行ったら確か

黒人にルーツがあったんじゃないかって、

認識してるんだけど

 

それ前提で話すから

この前提が違ってたら

ごめんね。

 

ママは

なんでもかんでも

知ってるわけじゃないと

あなたたちが1番よく分かっているでしょう。笑

 

だから

人種差別することに論理は適応しないと

思ってるの。

どんな理由も当てはまらないってことね。

 

ルーツが黒人だから

黄色人種であるママは

比べて劣っていると考えたりする?

 

それはない。

 

なぜなら

その土地で適応していった結果の

皮膚の色ってだけだから。

 

ほかの皮膚についても

同じように考えてる。

 

優劣ではないとママは考えてる。

 

そして

 

交通網が進むにしたがって

出会うようになった。

個々の環境に適応した結果の今だから、

今、適応して生きてるってことが

ものすごい価値があって、

 

生命の連鎖が

途切れることなく

ここにいるってことに

価値があるんだよ。

 

これは

すべての人について言えると思う。

 

 

日陰で育った苗と

日なたで育った苗は

育ち方が違うでしょ。

 

日陰が良くなくて

日なたが良いってことでは

ないでしょ。

 

そこの場所で育った結果ってだけ。

 

良いとか悪いとかいうのは

そういう価値観を持っているからってだけ。

月から地球を見たとしたら

日なたも日陰も大差ないし

見えないよ!笑

 

捉える視点の位置は

考えて下さいね。

 

いや

 

ママがそう考えるってだけだから

あなたたちは

あなたたちの言葉で

見つけたらいいよ。

 

自分の価値を探すことに

そんなに意味はないよ。

 

だって

価値で溢れてると思うんだ。

鏡でも見て!

何万年もの歴史を見てきた遺伝子が

一度も途切れることなく

そこに存在してるんだよ。

 

なんか

恐ろしいくらい!笑

 

そこの価値を感じられたら

不思議でしょ。

太陽から見たら

ママなんか見えないけどね。

 

つまり

価値があるとこと

価値のないとこがあるんだよ。

 

覚えてる?

陰陽論。

 

価値があるだけで

存在するものなどない。

 

存在できないんだよ。

 

ママは

どちらかだけで存在したいと

思ってたこともあったけど

若気の至りですね。

 

極まっていた方が

考えなくていいから楽だと

勘違いしてたんだと思う。

 

どちらも

ママにはあるのだと認めた今の方が

楽です。

 

ママはね。

 

寒いね。

雪かな?

 

おやすみなさい。

 

f:id:tobami:20181211205010j:image

氷の蝶々。

 

 

話芸

f:id:tobami:20181210205703j:image

 

出来る事から少しずつ!

 

いかがお過ごしでしょうか?

 

ママは

上岡龍太郎さん好きなのね。

本読んだことないって気づいて

ちょっと買いました。

 

楽しみ楽しみ。

 

上岡龍太郎さんと

島田紳助さんの話してるとこ見たいなって

ちょっと思って。

 

今は個人で配信できるから

そんなライブあったらなぁ。

 

島田さんの本は

読んだんだよ。

文庫本で

確か経済についての本。

覚えてないけど、笑

面白い人は書いても面白いんだなぁって

感じた。

 

日曜日の昼は

上岡さんの話を楽しみにしてた気がしてね。

 

YouTubeにあるかもね。

 

芸は一流、人気は二流、ギャラは三流

上岡龍太郎です。

 

本の帯にあったけど、

ご本人が言ってる映像見たことないなって

思って。

 

話に惚れるって

言うのかな。

カッコいいの!

 

ママは

そんなこと

思い出しました。

 

おやすみなさい。

落書きでしくじったことあったでしょ。

f:id:tobami:20181209190722j:image

 

「おれ!落書きむっちゃしてるから!」

ママは、

(は?!)でしたが

「は!?おれのほうが落書きしてるから!!」

とのこと。

 

あなたたち!?

 

 

 

 

「興味ない」上沼の貫禄にネット感嘆「さすがとしか…」“相棒”高田純次のボケにも「いい味」
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/12/09/kiji/20181209s00041000171000c.html

 

えみちゃん、カッコいい!

 

さすがです。

 

やっぱりなー。

 

でも、

ママは、

こんな風になること

分かっておられたろうって。

そのことで自分が傷つくだろうってことも

想像しておられたと思う。

なんとなくだけど。

 

男性優位の日本社会では

男性へのドンマイ!が圧倒的。

しかも

とても早いんだよ。

それはそれでいいと思う。

他人の事は大目に見れる人でいたいもの。

 

でも、

女性へのドンマイはね。

どうかね?

 

 

えみちゃんみたいな

素敵な人はね。

陰で死ぬほど泣いてるの。

(ママがそう思うってだけ。

実際は分からないよ。)

どうしてかっていうと

ずっと人を笑わせているから。

 

陰陽論

この前話したね。

覚えてる?

 

物事は、2つの側面で成り立っているって

話したでしょう。

 

あれだけ人を笑わせる人は

悲しみも知っている人だと思うんだ。

 

起きた悲しい出来事の

明るい面を見られる人なの。

 

ママは

そういう人を頭が良いって言葉で表して使う。

 

でね、

えみちゃんの器のデカさもさることながら

 

きっと

 

えみちゃんの周りにいた人たちが

女性だけじゃなく

男性性優位の人も、

えみちゃんの心にたくさん気づいて

寄り添っていたんじゃないかと思うんだよね。

 

表面化しないだろうけど。

 

っていうか、

そうすることって

結局

どちらも助けることになるからなんだよ。

 

伝わるといいけど、

どうかな?

 

いろんな意見が出てきた気がしたの。

 

一方的じゃなく。

 

ほんとに助けが必要なのは一体誰なのか?

見えてる人がいて、

行動されてるって気がして。

 

ママは、M1と言えば

チュートリアルさんの漫才を思い出すよ。

あれは、凄い!

何回見ても笑うもん。

優勝するわー。

DVDはパパが持ってるから見て!

 

あれを笑わなかったら

.....

やっぱり読書量が足りてない可能性がある。

 

本を読みなさい!

本を!笑

 

 

ママは、幸せになりたいから

タフな人のそばに居たいと思う。

タフな人間は強いから

きっと

泣いてるなど想像しないでしょう。

でも、

そこを想像できたら

いい線いってる。

 

ママはそう思うけど

あなたたちは、どうかな?

 

 

認められたかったというエネルギーを

自分を成長させながら

昇華させる方法があります。

 

自分に出来ることはないか考える。

(誰かのせいだったのではないか?という方向で問題を立案した場合、自己の成長には反映されないから。)

 

スキーのジャンプも

柔道も

ルールが変わったりするけど

それでも勝つからね!

 

それってほんとカッコいい。

 

負けん気は自分に使ってね。

 

次は死ぬほど笑わせてやろうって

考えたら

面白いと思うんだよ。

 

モンティパイソンにもそんなコントあるよ。

 

超至近距離から銃を撃って処刑するんだけど、

たまが当たらないの。

色々やっても当たらないの。

その時に、ジョンクリーズがこう言うの。

 

Next time !

Definitely ! 笑

 

次は絶対に笑わせてやるからな!

 

ママはそう思うけど、

笑わせるってほんとに難しいから、

ね。

 

落書き比べで

青筋立ちました。

笑いもしました。

 

ママもまだまだです。

ボーリングと言えば中山律子さん

薪ストーブは暖かい。

 

やよい軒の『しょうが鍋定食』をリピしまくってるから、他店の鍋をなかなか食えない / チェーン店の1人鍋ぜんぶ食う:第6回
https://web.smartnews.com/articles/frH5AbKYHa7

 

食べたい。

朝定、美味しいよね。

 

 

安田さん解放から1か月・事件の検証を忘れてしまった日本のメディア
https://abematimes.com/posts/5334078

 

堀潤さん、さすがです。

継続して見続ける!

 

覚えておこう。

 

ボーリング

 

最下位ですが

1番初めにストライク出したの

ママですからねー。笑

 

はい。

 

おやすみなさい。

ママもやってる無意味なこと

こうなっては、もうおしまいですよ。

弟!笑(フリーザ様風)

 

f:id:tobami:20181207185019j:image

 

 

蛇を釣りました。

 

いかがお過ごしでしょうか。

 

f:id:tobami:20181207185310j:image

ヴィトゲンシュタインさんの本。

白鳥春彦さん編訳。

 

これって

基礎学問の研究に当てはまる言葉だなぁって

思った。

苫米地博士の本に書いてあったと思うんだ。

基礎学問の重要性について。

 

だからこの記事を読んで

 

日本の大学の研究力はガタ落ち、旧七帝大以外は「悲惨」 ノーベル物理学賞受賞(2015年)、梶田隆章氏に聞く
https://web.smartnews.com/articles/frFUAPLWZCh

 

若い人への基礎研究の道が必要なんだなぁって

改めて思った。

 

苫米地博士が言っていたけれど

この基礎研究って

成果が目に見えてわかるものでは

ないんだって。

 

とても無意味なものに見えるから

無価値だと思われて疎かにされやすい分野なんだって。

 

でも、

そこからイノベーションが生まれるんだよ。

 

ママはそう認識してる。

 

基礎研究において

とるべきスタンスは

『無意味は無価値ではない』

 

ママはそう思ってるよ。

 

あなたたちが大きくなって

これにお金をかけることを躊躇するようなら

たぶん読書量が足りてない。

 

絵本からでも

読み始めて。

 

ママの好きな立花隆さんは

読む力•聴く力という本の中で

『学校図書館の本はほとんど全部読んだ』って

書いてあったよ。

 

知の巨人は、

そうやって少年時代を過ごしてきたみたい。

ママも

図書委員するくらい本が好きだったけど

全部は読んでない。

 

面白いな。

 

挑戦するかな?笑

 

そんなことをママは考えました。

 

https://www.instagram.com/p/BrFNevclr1H/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=1iqheq1gx4itk

ママもInstagramに挑戦。

 

昨日読んだ長倉さんの本にも

立花さんの本にも

 

新しいものを!ってあったからね。

 

カリスマ編集者も

知の巨人も

おんなじこと話してるから

ママもそうしようって思う。

 

インスタのアイコンは

ママのママと

小さい時のママです。

 

ママがあなたたちに

伝えたい言葉を集めていくつもり。

 

まあ、なんと言いますか。

 

ママの道楽です。笑