tobamiの親子で山村留学体験記

サイヤ人になるのが夢の兄!バスの運転手が夢の弟!山村留学で『1000個外遊びをする』を目標に、体験を通して思ったことを書くブログ

言葉はギフト

ママの好きな食べ物

 

1位 ママのママが作った餃子

2位 梨

3位 マックのポテト

 

2位

3位はほぼ同立。

 

でも、量は食べられないんだけどね。

 

パパね。

ばぁばの好きな食べ物知らないんだよ!

(パパのママ)

ママが初めてばぁばに会いに行った時

手土産考えるでしょ。

 

何が好きなのか聞いたら

「ちょっと分かんないけど、

ヨーグルトをよく食べてる。」

って。

 

ヨーグルトで

ママが知ってたのは、

自分が好きな

千疋屋のフルーツヨーグルトだったから

それを持って行った。

 

玄関を開けて

挨拶して

お土産を渡すと

中身を聞かれたので、

「(パパさん)からヨーグルトが

好きだと聞いたので。」

と伝えると

ばぁばはパパに向かって

「私はヨーグルトなんか好きじゃないわよ!」

 

 

ママは

 

おわた...

 

って 笑

思いました。

 

でもすぐ

あいつを殴ろう(言葉で!)と決意して

切り換えました。笑

 

 

ママが結婚しようと思ったとき

家族とは絶縁だったから

両家の顔合わせとか

一般的な事しなかったのね。

 

もしかしたら

親戚の人からは

忠告されたかもしれないけど

パパが

ばぁばにママの状況を説明したら

 

「じゃあ、あんたが幸せにしてあげなさい」

 

それだけ。

 

ママは何も聞かれなかったし

言われもしなかった。

 

だから

ばぁばはカッコいい。

 

ママは

ママのママと

ママのばぁばの冷戦を知っていたから

 

仲良く出来るとは思ってなかったの。

 

ひとりの男を巡って

女2人が取り合う

って感覚だった。

 

仲良く出来る気がしないでしょ。笑

 

でも、

出だしにもらったものが

大きかったから

いろいろあっても

まあいっか!で

過ごしてます。

 

ばぁばには

ほんとに

世話になったから

ばあちゃん孝行

覚えておくように!

 

あなたたちに

パートナーが出来て

家族になるとき

ママは

パパのママみたいにすればいいって

思ってる。

出来るか分かんないけど!

 

 

それにしても

何が好きなのか

分かんない。

人にばっか食わせて残ったものをつまんでる。

 

よく分からないけど 笑

尊敬しております。

 

ママは

そんな感じ。

 

f:id:tobami:20180820225048j:image

兄!

色気付くの巻。笑

 

それ!

「ママ〜

アマゾンで甲子園の土買って〜」

 

んー

メルカリかな?笑

 

いかがお過ごしでしょうか?

 

 

長野は

もうそろそろ

夏休みが終わります。

 

宿題の確認をしなくては

いけません。笑

 

それが何より恐ろしい。

itより恐ろしい。

 

f:id:tobami:20180819155346j:image

白玉の皿!

 

兄弟そろって一色盛り!笑

 

バイキングだってばー!笑

まあいい。

どっちでも良いです!

 

昨日と今日で

いろんな人から話を聞いた。

 

それで今!思ったことを書いておくね。

 

f:id:tobami:20180819175447j:image

昨日は

戦争展に行ったね。

 

「もう嫌だ!見たくない!」

 

その感覚を覚えていてほしい。

 

山本宗補(むねすけ)さんの写真に

産まれたばかりの赤ちゃんも展示されていたね。

戦争展に合うかな?って

考えられたそうだけど

 

ママはすごくいい組み合わせだと思った。

上手く言葉に出来ないよ。

どうかあなたたちも

この感覚に気づいてほしいよ。

 

f:id:tobami:20180819180304j:image

 

そして今日はこれ。

 

昨日の写真を見ていたから

見るの嫌だって言ってたね。

 

でもね。

戦争を起こしてるのは

あなたと同じ人間なんだよ。

そこに大差はないよ。

 

だから

知っておく必要がある。

 

 

ただ、

嫌だよ。

兄が感じるとおり、

ママも嫌だ。

 

あなたたちに伝えるために

もう一度火垂るの墓をひとりで見るのなんか

いやだよ。

 

一緒に見るなら良いけど。

 

それでも

嫌だけど。笑

 

このDVDを選んでくれた人が話してくれた。

 

「戦争で人の命を奪うということは、

その人が出会い、家族を作っていくという

その後の生命の連鎖を奪うということ。

だから、決してひとりを殺したわけじゃない」

 

「軍隊の教育で

人を殺す教育が出来ると言うなら、

人を殺さない教育も出来るんじゃないか?」

 

正確な言葉ではないけれど

ママはこんな風に解釈した。

 

 

アレン・ネルソンさんが

人を殺せなくなったきっかけは

目の前で

生命の誕生を見たことがきっかけだったね。

 

生を体感したんだよ。

 

だから

戦争展で生命の誕生を見るってステキなこと。

 

それは美しいものだから。

 

 

ママは話を聞けなかったけれど

伊藤千尋さんの講演会が

昨日あった。

 

話を聞いて来てくれた人がシェアしてくれた。

 

 

オスプレイが生まれた国は

民家の上は飛ばない。

学校の上は飛ばない。

 

 

沖縄の小学校。

空から何か落ちてきたことあったのね。

そのための対応策として

小学校のとなりに

シェルターを作ったんだって。

すごいね!

お金

いくらかかったのかなぁ。

(こういうのを皮肉を言うって言うの。

子どもたちの安全のために

飛ばなければゼロ円で済むでしょ)

授業中、

全ての航空機が飛ぶときは

そこに避難するんだって。

 

年間671回。

 

ママは

日本という国で

こんなことがあるなんて知らなかったよ。

恥ずかしいね。

 

ここに通わなくちゃいけない子の

パパと

ママと

じいじと

ばあばとか

 

いや

 

足りないね。

 

沖縄に住んでいるひとは、

 

いや

 

足りないね。

 

オスプレイの通り道になってる千曲川沿い

そう

ママたちは

安心できないよね。

 

オスプレイの生まれたとこでは

飛んでないって

ことは

 

ママの命は脅かされても

良いってことなのかなぁ?

 

命に格差があるってことなのかな?

 

あなたたちはどう思う?

 

憲法に

生存権ってあるね。

そう聞いたの。

 

憲法を守る人って誰だっけ?

覚えてる?

憲法を守っているのか見守らなくては

いけないのは

ママとか

あなたたちなんだよね。

 

憲法を知らないと

見守れないね。

 

 

ママは

今、そんなこと思った。

 

ママは

本当に

何にも知らない。

けど

知ることを諦めたりしないよ。

 

だって

あきらめの悪い人たち

いますんで。

 

それ、

マジでかっこいいんだぜ。

 

 

ママ!

コスタリカって国。

見たくなったー!

 

そりゃいかん!

車の中で

起きるケンカ。

 

いつものことです。

 

「ママ〜にいにがドアの穴に頭ゴンってした」

 

「うそばっか言うんじゃないよ」

 

言い返した弟の言葉が、

 

「ブス!」

 

いかがお過ごしでしょうか?

 

ママは笑いが止まらなかった。

 

イッテQを

繰り返しみているせいか

会話にちょこちょこQワードが

出てきますね。笑

 

すたみな太郎に行きました。

 

バイキングです。

色々食べることが出来ます!

 

弟が

12貫全部イカ!という皿を作りました。

何のためにここに来たのか?

という

疑問が出るような行動です。

 

「全部!食べてやるよ!」

とのこと。

 

自分で持って来たものは

責任持って全部食え!がママルールのため

 

「やれるもんならやってみな!」

 

イカの他にも

いろいろ持って来ていましたからね。

 

どうなることかと思いましたが

 

イカ以外全部食べて

イカ残し!

 

とても辛そうにするので

やさっしいママはひとつ食べ

 

兄にも食べてもらうよう話すと

「俺に指図すんじゃねえ!」

(最近の流行)

と言いながらも食べる。

 

その姿を横目で見ながら

弟、

「ひとつと言わず2つ食えーーー!」

と、恫喝。

 

なんて子なの!

 

そうです!

わたしの子でした…

 

ね。

 

 

入らないわよぉ!分かってるわよぉ!

ELLEGARDEN復活ライブツアー完結!ワンオクTaka、アジカン後藤正文、10-FEETタクマ、川谷絵音らがコメント
https://qetic.jp/music/ellegarden-180816/293488/

 

エルレです!

 

ママは

このバンド

だいっすきだけど

名前

間違えてた!

エレルガーデンかと...!笑

 

失礼しました。

ごめんなさい!

 

ママは

新木場で対バンした時の

ライブに行った!

見といて良かったバンド!

エルレガーデン。

 

しかも

今回は

ワンオク!

 

ヤバイっしょ。

 

見た人に嫉妬します。笑

 

 

ママは

あんまり嫉妬まで行かない。

ただ、

ジュンスカとユニコーンのライブ。

この時、シドアンドナンシーに仮装して出てきたって。

教えてくれたその子の

お姉ちゃんが見に行ったって聞いて!

誰が誰に仮装したかは覚えてないけど、

 

東京!

ズルいぞ!

東京!!!!!!

 

って嫉妬に狂いそうになりました。笑

 

それ見たかったー!

って。

 

ライブは

楽しいよ。

 

あなたたちも

好きなバンドとか見つけたら

見ておいた方がいい!

 

野球の試合でも

サッカーの試合でも

生で観るのは楽しいよ。

 

 

ジョンキムさんと長倉さんの対談が

良すぎて

 

『来世でも読みたい恋愛論』

読んでみたのね。

 

これは

2人に贈りたい10冊のリスト入りです!

 

ママの言葉だと稚拙過ぎて

何を言っているのか分からないけれど

 

「そう!

こんな風に言いたかったっていうの!」

のオンパレード。

 

しかも

母国語じゃない人が書いているのに

伝え方の感覚がシャープ。

違和感なし。

 

信じられない

天才です。

 

ママは

ここまで

考えて言葉にすることは出来ないけど、

本は、

漠然としていた考えを

クリアにしてくれるから

楽しい。

読んでみて。

 

あなたたちに響かなくてもいい。

ママには響いた。

それだけ覚えていて。

わかったか!

 

f:id:tobami:20180816233953j:image

ママに見られたくないことしてます!

って

バレバレよ!

タイトル

思い出し笑いの小2!

 

何言ってるのかわからない。

けど

楽しそうね。

 

 

f:id:tobami:20180815210734j:image

 

 

本屋さんで

この本を見つけて

 

タイトルに

 

え?

そうなの?

ってところから入って

読んだ本。

 

へぇー!

の連続だった。

 

これを読んでから

ビジネス書って面白いって知った。

 

ビジネス書って

硬い感じがして

読めないって思い込んでたけど

読めたよ!

 

 

ママは

畑違いのとこから

教育に関する面白いことないかなって

 

探してた気がする。

 

ママが買った時は

こんな表紙でなく

ピンクだった。

奇抜!笑

 

ママは

そんな事思い出して

また、買ってみたよ。

 

 

楽しませてかつ楽しむ!

真夏の雪合戦!

 

参戦しませんが

観戦します!

 

地区のお祭りが終わるころ、

 

子供たち vs 33才永遠の反抗期

戦いが始まります。

 

ジュースを冷やしていた

氷をかけ合うのです。

 

こちらに来て3回目。

 

夏祭りで

楽しいのはこれですね!

 

時々

その氷の標的が大人になりますが

 

そこは

 

大人です。

 

きっちり氷水を浴びて下さいます。

 

楽しいです。

 

楽しんでる大人も

います!

 

あなたたちも

大人になっても

楽しめ!

 

楽しいぞ!笑

 

f:id:tobami:20180814215945j:image

ますつかみ!

 

お口にチャック

「安室奈美恵さんは、ぼくが生まれる前から

歌を歌っているんだよね。すごいよね。

しかもきれいだね。」

と兄。

 

よく考えたらその通りです!

 

2人は

ワンピースの曲とHeroが好きですね。

ママは、ダンシング・ジャンク!

 

いかがお過ごしでしょうか?

 

 

『トーンポリシング』

 

http://katsumakazuyo.hatenablog.com/entry/2018/08/09/131747

 

これに屈した場合について

ママは思うところがあったから

書いておくね。

 

ユダヤ人の大量虐殺って

これから始まったと思ってる。

 

 

違和感を感じた自分の口に

Zip!

Zip!

Zip! 

 

気がついたら

電車に乗せられ

ついた先がアウシュビッツ!

 

ちなみに

嫌々乗ってるかもしれないけど

(仕事があるって真に受けて)

 

自分で

 

電車に乗ってるんだよ。

 

 

まさか

そこまでしないだろうと

勝手に思って。

 

言わない

選択することは

コントロールする側の優越感を

加速させるんだよ。

 

コントロールするほうに

もっといけるって

思わせてしまうの。

 

関係性は

お互いに

持ちつ持たれつが常だから。

 

 

結局

死ぬ場所まで

自分で歩いて行ったんだよ。

 

 

みんなが行くから?

僕も!

って

スキップしながら行ったと思う?

 

 

突きつけられた現実に

頭が真っ白になっていたと思うよ。

 

 

伝わることを

ママは祈るしかないけれど。

 

 

あなたたちが

 

違和感を口にする事を

もし

ためらうことがあるなら

 

たぶん

疲れている!笑

もしくは

それを表現する言葉を知らない。

それか

世間を知らない。

 

ママがそうだった

だけだから

同じとは思わないけど。

 

世間を知らないってのは

どこで分かるのかって言うと

騙された!って使う場合。

世間を知らないってママは思う。

(ママは騙されたくないって強く思っていた時期があったの分かるでしょ。でも、あの時の自分に今のママが言うとしたら、

人の感情の動きも

よく知ろうともしないで

騙されたくないなんておかしなこと言うんじゃない!って

いうかな!笑)

 

今だと

不正入試がトピックに上がっているけど

これは

昨日に引き続き、奇襲かな。

たぶん。

良いとか悪いとかに話を持っていって

戦っているのかと思う。

 

倫理的にどうなのかって言うと

ママは

クズだから言うのだけど

 

世の中ってこういうもの。

 

不正っていう言葉で焦点がズレちゃうけど

 

(今)

世の中は

コネで出来てるの。

接点がなかったら

そんな濃い話できないでしょう。

 

人と違う形で入ってくることが

出来る

人間関係を持っているってこと。

 

いろんなことが

人間関係で成り立っているの。

 

だから、

ママに言わせると

何故に今さら?

って

思うのです。

 

 

西口か

東口かで入ってきたってだけ。

 

出口まで操作されてたら

そりゃやばいよね。

日本国内で働く全ての医師に対して

国家試験を実施しないとね。

 

だって

安心して医療を受けたいでしょ。

 

受診する先生に

出身の学校を聞くの?

どこの医局か聞くの?

 

症状緩和するどころか

悪化しちゃうよ。笑

 

本気で患者さんと向き合ってる医師に対して

職務妨害だね。

本気のやつもいるから!

 

看護学校の

統計学の先生は

国試浪人してる

医学生教えてるって言ってたから

どう入ってきても

そこは操作できないんだなって

ママは思ったんだ。

なんとなく。

 

 

ママは女性が医師になることに

差別があるとは知らなかった。

 

単に医大を受験する女性が

少ない

と思っていたよ。

 

ママはまだまだだなぁ。

 

そうね〜

序の口。笑

 

 

 

人権に関わることで

トーンポリシングに屈した場合

アウシュビッツを目指して

歩き出しているのかもしれないという事は

肝に命じなくてはいけない。

 

歴史から見ても

明らか。

 

ママみたいなバカでも分かるんだから。

そんな事おきないと思う。

でも

人は忘れるものだから

個人個人で

気をつけてたら良いよね。

 

ママはそんな事を

考えました。