tobamiの親子で山村留学体験記

サイヤ人になるのが夢の兄!バスの運転手が夢の弟!山村留学で『1000個外遊びをする』を目標に、体験を通して思ったことを書くブログ

朝モード

昨日、妹よりメール。

 

『検索もかけてないのに

YouTubeのあなたへのオススメにローランドさんが

出てきた。

朝から笑った。

元気出た。』

 

とのこと。

 

それが

ローランドマジック!

 

いかがお過ごしでしょうか?

 

長倉さんとジョンキムさんの対談動画を見て

やっぱり朝方に戻すことにしました。

 

もおおおおおおおおおおお

兄の社会科見学!

大遅刻!

 

かなり前ですがラジオで

『保育園の遠足にお弁当を忘れてしまったエピソード』

が紹介されていて

まーさか弁当忘れるなんて!ドンマイマミー!

 

みたいなことを

ママがするわけないと思っていたら

いつの間にか

するかもしれない!

 

お弁当忘れるかもしれない!

 

にすり替わって、

 

お弁当は忘れない!

固く心に誓って

出発時刻の確認を忘れました。

 

いつもの登校時刻と勝手に思い込んでしまった。

 

・・・・・・・・

 

このような

インシデントをアクシデントに変えないため

ママは日夜、思考するのですが

インシデントが重なると

頭では

アクシデントに変換されるので、

もう

なんでしょう?

 

落ち込みます。

 

でも、

たいてい

新しいことしようとしてる時って

いろんなこと見直さないと取り組めなかったりするから

失敗するんだと思う。

失敗は、その方向では違うっていう意味だから

失敗したらアプローチを変えろ!

って

ことだと思う。

 

そういってまたやらかすなぁ。きっと。

 

でも、

 

たぶん、そんなもんだよ。

こういう時に人の優しさがね。

 

あー

もう・・・。

 

ごめんなさい。

 

周りの人に影響を及ぼしてるから

インシデントじゃない!

アクシデントだわ・・・。

 

こういう時、

ママは「助けて!おかーさーん」

って

よく思うけど

結局

自分で考えるしかないんだよね。

 

いや

 

自分が行動するしかない。

 

 

行動するしかないと考えるのか

行動さえすれば変わると考えるのか

まぁそれぞれだと思います。

 

さんねん峠。

くもんの問題で出てきたよ。

 

さんねん峠で転ぶと三年で死ぬ!って言い伝えがあって

おじいさんは気をつけているけど、

そのときは、急いでいて、あせってしまって

転ぶの。

死ぬって言い伝えを真に受けて、おじいさんは死ぬーって言って

ほんとに病気になる。

でも、それを聞いた人がお見舞いにきて

一回転んで3年生きるのだから

もう一度転べばいいって言われるの。

(言葉を知っているってこういうこと)

おじいさんはなるほどって思って

坂を何度も転ぶの!

そして、寿命が延びたから安心して元気になるの。

 

 

ママは

ほうれん草の仲間に聞いたよ。

 

スケジュール管理。

 

やっぱり

カレンダーに記載。

これだった。

 

ママは

プリント画像を一人グループラインを作ってそこにどんどん

入れていってたけど

 

ママはアナログが合ってるのかもね。

 

落ち込んでたけど

みんなに話を聞いてもらえた。

 

あそこが

あってよかった。

一緒に笑ってくれるから。

 

早起き完了。

習慣付けには確か21日間が勝負のはず。

 

頭ではわかってるんだけどさー。

 

では、

いってらっしゃい。

見送り方には、自分への信頼が現れる。

苫米地博士かっこよかったー!

昨日のことだけど

にやにやします。

 

いかがお過ごしでしょうか?

 

まだ

にやにやします。

 

 

 

やっぱりいろんなこと知ってる人の話は特に、面白い。

 

ママはもしかしたら人が嫌いだから本を読んでいたのかも。

人が好きなら会いにいくと思うから。

でも

人に対して知りたいという欲求はあったから

本を読んでいた。

 

あなたたちも

人に会うのに疲れたら、本を開く時なんだと思う。

本を読むのに疲れたら、人に会う。

 

たぶん、これを早い段階で同時にすると、見える世界の変化が

早いのかもしれない。

前に、マッドデイモンさんの映画を話したと思うんだけど

また映画ど忘れしちゃった。

 

マッドデイモンが演じている役もずっと本を読んでいるんだよ。

でも、人を信じられずにいる。

 

いつもの仲間とわいわいやっていることを望んでしまうのだけど、

人との出会いによって少しずつ少しずつ、心を開いていくの。

 

いや、

開いていくって言うより

信じたいって人に出会っただけって気もする。

 

ママは

この年になると

あの映画の中にいる多くの人間に感情移入することが出来るようになっていて

面白いなって感じてる。

 

書いたかもしれないけど

ベンアフレックさんが旅立った後マットの家を訪ねて、

すべてを悟って笑うあのシーンが好きだったの。

 

なんか

わかったよ。

あれは、ママの好きな見送り方なんだと思う。

 

旅立ちを後押しをする。

さよならの美学とでもいうのかな?

 

大切な人との別れって

やっぱり

映画にするくらい美しいものなんだよ。

 

だって、きっとそれが出来るのは、限られた人だけだと思うから。

自分を信じている人にほかならない。

彼の成功を信じている自分を信じている。

(覚えてる?関係性の話をしたでしょ。)

 

ドリームキラーにならない方法が描かれている映画でもあるんだね。

 

 

好きな映画って

やっぱり大事にしておくといいね。

そんなことを思った。

 

ママも

笑って、あなたたちの先の未来を信じて送り出せる人になれるだろうか?

 

自分とのベーシックトラストがないからって

言い訳を作り出してしまえるし。

それってもっともらしいけれど、

ホメオスタシス。

 

ただそれだけ。

 

恒常性が機能してるのは認識した。

 

はあー。

春キング的に言うなら、

『やれやれ』です。

 

この使い方、バッチリだわ。笑

 

 

f:id:tobami:20181014230215j:image

常連さんの優しさが際立つお店

見つけました。

 

ボリューム満点なので

ほんとの

ほんとに

お腹を空かせて下さい。

 

f:id:tobami:20181014230407j:image

 

こちら

から揚げ定食!

 

から揚げが2歳児のこぶしぐらいあります。

 

驚きのボリューム。

 

f:id:tobami:20181014230607j:image

ママのはコレ!

 

お店は狭いです。

だから、

お客さんが席を譲り合うんです。

カウンターが空くと

「移りますね!」

 

人の優しさがバンバン出てくるっていうことは

このお店の人柄が出てる!

ここはまた行こう!

 

f:id:tobami:20181014231014j:image

漫画にも登場しちゃうお店。

美味しかったー!

 

思い出した!

映画じゃなくて

博士のほう。

すっごい近くで話が聞けたの!

 

にやけるぜ!

 

 

 

おやすみなさい。

金歯じゃないほう!

松任谷由実さんらに菊池寛賞
https://web.smartnews.com/articles/fhPLhctKnsT

 

感動。

 

たしかに、文学です。

 

この流れってやっぱりボブディランさんのおかげかもなぁと

しみじみしている今日このごろ。

 

いかがお過ごしでしょうか?

 

そうなんだけど

ボブさんはちゃんと聞いてないし

ボブさんの代表曲も

ボブさんが歌ってるのじゃなくて

メルギブソンさんが歌ってたのが好きなんだよ。

 

『Bird on a wire』

 

シャワー浴びながら歌ってる。

可愛いの。

 

ゴールディホーンさんが好きなの。

 

表情の動きが好きなのかなって思ったりしますけど

顔が好きってだけなような気がします。笑

 

 

bookセラピーができるなら

Movieセラピーも出来そう。

 

映画を見て

学べることはたくさんあるから。

そして

楽しいだけだし。

 

あなたたちもいろいろ見て。

 

ママは

まだ

いろいろ見たい!

 

もう眠いや。

おやすみ!

またダメ。

Amazonアソシエイト落選。

おすすめ能力もなし。

 

 

では、どうしましょう。

 

まずは、しっかり落ち込む!

これに限ります。

 

さて次どうしましょう。

気が済んだら

できることをやる。

 

 

妹から下山がやばいんだぞ!と言われました。

何かで聞いたこともあったから

ちゃんと気をつけてはいたけれど、

疲れて気力だけでおりてくると、

ふとした時に踏み外してしまう。

だからやばい。

 

ママは

本当にそうだな!と感じました。

 

あとねー。

一番遅い人に合わせて登るんだそうですよ。

あなたたちに合わせて登って下りてだったから精魂尽き果てたようです。

 

楽しく登山する方法もありそうだね。

 

いかがお過ごしでしょうか?

 

自分のペース!

 

「おねーちゃん(もちろん名前で呼び合ってるけどブログではこのように書きます)

みたいな人は遭難するね!」

 

はい!

登頂した時にそのように感じました。

軽く考えちゃいけないと。

 

もう

あんないい加減な山登りはしない。

 

「でもさ、私、やっぱり死ぬ気がしないんだよね」

って

ママが話すと 笑

「だよね!私も自分のこと、そう思う!」

と妹。

血ですかね。笑

 

結局、大丈夫になるじゃんね!

 

が、ママたちの口癖なんだと思う。

 

しかも

ピンチの時に笑ってしまう癖。

わかる。

 

なんだか知らないけど笑ってしまう。

 

ママは、

なるべく見破られないように笑ってます。

 

あ!

彼女と話してて確信した。

 

指差すのやめて。笑

 

話しながら指差してる人見ると笑っちゃうから。

しかも

ある一定時間指差されてると、

どういう理由かしらないけど

ムカついてくるんだよね。

 

なんでかしら?

 

でも

指差しで一番面白いのは、

自分が人を指差しながら話していることに気づいた時。

 

笑っちゃう。

 

兄がママを指差して話すと笑っちゃうことに

たいして意味はないのだよ。

 

今日のママはこんなかんじ。

ははははは!

だから

指差すな!ってばー。

 

 

f:id:tobami:20181010225204j:image

おいしい!

f:id:tobami:20181010225254j:image

おいしい!

ごちそう様です。

 

おやすみなさーい!

妹よ

新潟から車で今年も遊びにきてくれました。

お米と古着の物々交換です。

f:id:tobami:20181009215719j:image

軽井沢アウトレットにゴー。

 

一年ぶりなので二人とも弾丸トークです。

「ママ!オレ、妹ちゃんに会ったことない!」

と、兄。

 

いやいやいやいや

ありますよ!

 

東京にいた時に遊びにきてくれたことが。

二人とも小さかったから覚えていないだけで。

 

ママのお母さんと子育てについて話すことができないと

少し悲しく思っていたこともあるけど、

彼女と話せるから結局良かったのかなと思っています。

 

彼女から質問がありました。

「去年さ!keikoさんのパワーウィッシュノート

どんな気持ちで送ってくれたの?」

と言うので

「ぴったりだと思って」

って話した。

 

今年のはこれ!

 

 

f:id:tobami:20181009215804j:image

「そうなんだー。私、引き寄せとか知らなかったんだよね。

だからkeikoさんから始まっていろんな人の引き寄せについて読んでいったの。

もう、面白くって。

で、いろいろ読んだ結果、だいたい同じことを言ってるなと思ってて

今は、引き寄せをこう実践したらこうなったって言うのを見るのが楽しいんだよね」

とのこと。

 

さすがです。

 

一つで終わらせないのって大事なこと。

 

あなたたちも

何か知りたいことが出てきたらそれに関連すること

どんどん入れていくんだよ。

入れていって飽和状態になると、

なんとなく、抽象化できるようになるんだよ。

 

つまりこういうことかな!って。

 

この「つまり」って使えるのが自分なりの解釈ができてるって証拠だと思うんだよね。

ママは。

 

「あとね、好き勝手し始めたら(旦那さんが)こいつやべぇと思うようになったみたいで、気を使ってくれるようになったんだよ。笑

それにこっちは好きにしてるでしょ。だから向こうに対してもこうしてほしいみたいなことがなくなったから、楽になった」

 

 

秦 由佳先生!

妹が救われました。

超ほっとしたよ。

 

あなたが生き生きしている顔は

とても素敵!

 

 

 

「これ!面白かったから見てみて!これ見たくて夜遅くまで起きちゃうんだよね」

 

コンユ!様。

はい!ストライク! 

 

プライムに入ってるから追加料金なしで見れるぜ!

 

 

 

本はどんどん読んだらいいわ!

彼女の話を聞いてママはそんなこと思いました。

 

Book Therapy

ってどうかな?

 

人の話しを聞いてその解決策にぴったりの本の処方箋を出す。

薬局に持っていって薬を買う自由があるように

本屋に行って本を買うのは本人の自由。

 

けっこういいと思うんだけど。笑

 

思いませんか?

 

では

おやすみなさい。

安心させるのが基本です。

散り椿の監督。

木村大作さん。

 

名前からしてすごいものが撮れそう!

ラジオで

「女優はねぇ!俺が絶対綺麗に撮ってやるって

安心させてやらないといけないんだよ!」

正確な言葉ではないけど

ママはこんな風に捉えた。

 

それで

おっ!

って思った。

 

f:id:tobami:20181008222749j:image

 

「晴れ、ときどき殺人」

って映画があるのね。

原作は赤川次郎さん。

(三毛猫ホームズシリーズが好きで

テレビも見たけど

本も読んだ。)

 

推理ものと

2時間サスペンス好きのママが

出した結論は、

嘘をつくことから事件がはじまる。

 

ママは生きてたいわ!と思う方だったので

嘘つくと事件がはじまるなら

真実を話せば

事件にならない!と

考えた。

 

見方を変えると

嘘をつけば、物語が動き出す!

って気もします。

 

どちらもあり。

 

 

話を戻すと

松任谷正隆さんがこれに出ていたの。

面白くて見たけど

後半の最後の最後、怖かったー!

 

ちょっと違うけど

観ながら

「この人 怖い!ヤバすぎる!

ユーミン逃げてーーーーー!」

って思ったくらい。笑

 

3年前、こっちに来てから観た。

はず!

 

ユーミンコードで

初フェスの舞台裏を話されていたけど

その中で

「絶対かっこよくしてやるから!」

って正隆さんから

ステージの袖で言われて

それから出て行ったって。

 

カッコいい!

 

言う方もかっこいいんだけど

言われて出ていける人もヤバイ!

 

ユーミンってだから

魅力的なんだね。

 

 

それから

木村大作監督の話を聞いたから

女性を最高に美しくする方法って

安心させることなんだと思った。

 

あなたたちが

誰かを輝かせようと思ったら

簡単だね!

安心させればいいってわけ!

 

男性性に対しても同じことが言えるかな?

そこまでは

まだ考え抜いてはいないけど

人には

女性性と男性性があるから

性は関係ないかな?

 

 

監督も

音楽プロデューサーも

安心させるって共通のことしてるから

大事よね!

 

たぶん。

 

ママはそんなこと考えました。

 

そうそう!

芥川龍之介さんについて

調べてたら思い出した。

 

芥川さんの名前は

辰年辰月辰日辰の刻だから

龍って名付けられたって言われてるけど

 

ママも

名前の由来に少しその考え方が

入っているって。

ママが生まれたのは

未年の未の刻。

で3つあると良いらしく

ママの名前には未を入れたって。

 

龍ちゃんと似てるなって

思いました。

 

あのぉ!

別にいいんですけどね。

名前もどうでもよくなってる感じだから

良いんですけどね。

未は

上が短いからね!

上を長くしたら

末だからね!笑

 

おふたりさん

よろしくお願いします。

 

 

おやすみなさい。

 

登って降りての繰り返し。

連休の時は

なるべく近くで遊んだほうが

いい!

がモットーです。

家にいたらゲームだけになってしまいます。

ので

ママを登山に連れてって!

 

よろしくお願いします。

 

それにしても

兄!

どうしてスキップしながら下山できるの?

 

f:id:tobami:20181007213352j:image

 

登ってきました。

 

兄が4回くらい行っているので

なんとかなるだろうと思って

登ってみました。

 

息子に登山ガイドをさせる親!

絶対、ダメだと思います。

 

いかがお過ごしでしょうか?

 

入山口に

登山用品が必要です!

とあります。

 

はい。

 

f:id:tobami:20181007213703j:image

弟。

「もう疲れた!

ねぇ!ほんとにこっちで合ってるの。

迷子になったらどうするの?」

 

これからというのに

不安のパレード。

 

放っておきます。笑

 

f:id:tobami:20181007214127j:image

紅葉の登山。

 

登りは

山肌

岩肌を見ながらの登山。

 

景色を眺めることもなく、ただ頂上を目指す。

 

「ママここからの景色見て!

綺麗でしょ。

ここが頂上!

よし帰ろう!」

 

兄に7回ぐらい言われて、

思いました。

生きてると良かれと思って

これ言われるなって。

 

でも、

頂上の景色は

写真で見たことあるから

何度言われても

ここじゃない!って

分かる。

 

だから

「頂上行こう」

 

 

f:id:tobami:20181007215007j:image

頂上に来たら、不思議なんだけど

疲れが消えた。

面白いね。

 

見晴らし台からは

兄も

弟も

帰りたいとも言わず登り続けたね。

 

すごいなぁって

感心した。

 

 

f:id:tobami:20181007215115j:image

いつもは村から

山を見ているけど

今日は山から村を見る。

 

 

下山のほうが

厳しかったなぁ。

足の指が痛くなった。

 

f:id:tobami:20181007223323j:image

登りの前衛峰で

実は

ママ

終わってた!笑

 

よくやったわ。

 

っていうか

小5

小2で

よく登ったわ。

 

一緒に行ってくれてありがとう。

ママ1人じゃ無理だった!

 

登山道って狭いね。

手を繋いで歩けない!

 

 

手をつなぐ時は

一瞬かな?

急な岩を登る時とか

ここ!って時。

 

歩くのは、

自分だね。

 

すれ違うときには、

優しい人も

自分に没頭している人もいて

いろいろだね。

 

頂上に行けば行くほど

キツイし

辞めたくなる。

 

それでも登りたいと思って

脚を動かせたのは

景色が見たいから。

 

登山って

人生にたとえる人

結構いるけど

分かる気がした。

 

2112m。

2000m級で

あれだけキツイのだから

もう

何て言うか。

登山する人は

 

すごい!

 

あの頂上の景色に出会った時の感覚が

好きなんだろうな。

きっと。

 

 

ママはそんなこと思いました。

 

 

登山と

ハイキングは

違う!

 

実感しました。

 

疲れすぎて

明日の朝、体が動く気がしない!笑

 

体験と知識が連動して

神経回路は広がっていくんですね。

言ってたとおり!

 

f:id:tobami:20181007215233j:image

ツルヤさんの

トレイルミックスに助けられました。

美味しいし!