tobamiの親子で山村留学体験記

サイヤ人になるのが夢の兄!バスの運転手が夢の弟!山村留学で『1000個外遊びをする』を目標に、体験を通して思ったことを書くブログ

一緒に歌うって楽しいね。

「ママこれ面白いから見てみて」

兄と弟が

大興奮で動画を見せに来た。

たくっち さん。

絶対おもしろくないと高を括っていたのに

不覚にも

大笑いだった。

 

巨大なクッパが

 Whitney Houstonの

I Will Always Love Youの

エンダーーーーー

に合わせて落ちていくだけ

なのに

 

クッパとWhitney Houstonの

組み合わせと

これを面白いと思った兄弟たちを

賞賛したい気持ちにかられて

笑った。

 

エンダーなら

Apple music

にあったの見てたから

車でかけたら

兄弟大喜び。

 

兄が

エンダーから

聞きたいなぁって言うので

この静かな始まり方があるから

エンダーが生きてくるんだよって

話すと

弟が

「太鼓のガキ大将と一緒だね」

と話す。

この曲は

静かに太鼓が始まって

だんだん盛り上がっていく曲。

 

 

ママは

「そうだよ!」

って言いながら

 

共通項を見つけて

それを口にできるなんて。

 

小1でそんなこと分かるんだね。

 

 

ママ

びっくりしたけど

なんか安心したよ。

 

兄はいつかな?って

思ってたら

その次の日に。

 

妖怪ウォッチ(映画)を見ながら

「ゆうと(エンマ大王と5つの物語)と

とうま(シャドウサイド 鬼王の復活)って

一緒だね。」

 

 

!!!

「そうだよ!」

 

2人とも

それぞれの思い込みで

勝手に落ち込んで行ってた。

 

そうじゃないよね。

 

考えるのは大事だけど

こうだ!

って決めつけたら

苦しくなるから。

いろんな方向から見れたらいいよね。

 

ママはどう思っているのか?

 

 

自分はこう考えるけど

 

実際

ママはどう思っているのか?

ってさ。

 

君のはもっとかかると思ってたから

嬉しさもひとしお。

 

2人には

驚かされっぱなしだよ。

 

大サビの
エンダーーーー

3人の大合唱!

 

まさか

3人で

Whitney Houstonを

歌う日が来るなんて

考えたことなかったので

ママすごく楽しかった。

 

たくっちさんナーイス。

 

ママはこの曲

CD買って持ってた。

 

2人とおんなじで

エンダー

ってとこでハマって

何度も歌ってた。

 

時を超えて

2人が聞く事に

なるなんて

なんか

フシギなロマンチック

感じます。

 

では

もう一回!

 

エンダーーーーーーーーーーーーー!

 f:id:tobami:20180219062958j:image

なんだーーーーーーー!

車の上に

乗っているじゃないかあーーーーーー!

笑 

 

口撃への反撃の中にもユーモアを

Dude,where's my car?

アシュトンカッチャーと

ショーン ウィリアム スコット

 

確か

ビッグ・リボウスキ

繋がりで見たと思う。

 

面白かった。

バカ全開!

 

 

でも

これで使われてたフレーズが

弟の

不必要な口撃(笑)への

対処法として

ひらめいたので

書いときます。

 

映画の中で

2人が

ドライブスルーで

ハンバーガーを注文してるシーンがあるの。

 

1つ注文すると

マイクから

「And then?」って聞こえてくる。

 

それから?

とか

他には?

って意味かなぁ。

 

他には?

って聞かれるから

注文するの!

 

そうすると

また

「And then?」

って聞こえてくる。

 

もう注文した!以上です!って言っても

「And then?」

って

返されるから

 

罵声を浴びせるんだけど

 

やっぱり「And then?」

 

って繰り返し言われるの。笑

 

で、

頭にきて

2人はそのマイクをぶっ壊す。笑

 

こんな感じだったと思う。

 

ママはこれ使えると思ったの!

 

 

他には?って

言い続けるの!

弟は

『他には?』

しか言わないで

余計なこと考えなくていいから

簡単。

でしょ。

返す言葉が決まってるから

心理的に優位でしょ!

 

あとは

相手が諦めるまで

繰り返せばいい。

 

ユーモアって

怒りを

通り抜けて

軽くしてくれる。

 

f:id:tobami:20180218085746j:image

この本には

対処法とが何種類も書いてあるよ。

 

ママは

これ読んだとき

全部は出来ないなーって思ったけど

自分で思い出した。

 

出来るのから

やればいい。

 

ママ

2人に

そう言ってるのに

抜けちゃうときあるよ。

 

この中に出てくるユーモアの項目だったら

ママという人間に合ってる

と思ったわけ。

 

頭の回転数が速ければ

書いてある通りにできるかもしれないけど

ママは

みんなが

1回転でわかるとこ

30回転くらいしないと分かんないんだよ。

だから

やり方も

ママ用に

アレンジ。

 

ママがやりやすいようにね。

 

これひらめいたのには

もう1つヒントがあったの。

 

この前

弟はママに向かってふざけて

「ママのばーか」

って言ったでしょ!

あ!

いいこと思いついた!

って思って

「そうだよ!」って

返した。

そしたら

「ママのブスゴリラ!」って言うから

「そうだよ!」笑

「ママのお腹タプタプ!」って言うから

「そうだよ!」

「そうだよしか言えないの?」って言うから

もちろん

「そうだよ!」笑

 

それも

インスピレーションの

1つだね。

 

そうだよ!

っていうのは

相手の言うことを

認めることになるから

感情的な弟には

使えないかもしれないけど

 

他には?

って言葉なら

言えそうかな

とも思ったし。笑

 

昨日

ママは

2人に何かあった時

助けられないかもって

書いたね。

理由は

もし

ママが死んだら

助けたくても助けられないから。

 

それを

ある程度

想定してほしいから。

 

ママは

小2のとき

ママの両親がもし死んだら

ママはどうなるのか?って

考えてたなって思って。

 

ママのお父さんが死んだとき、

ママは独りでやらなきゃいけない事が

あったの。

 

取り立て屋さんとの交渉。笑

 

ママしかいなかったんだよ。

母親は腑抜けになって役に立たないし

妹と弟には

荷が重いでしょ。

 

ママが想像してたような

男  二人組が

セカンドバック持って家の前にいてさ。

 

「お父さんいるんでしょ!呼んできて!」

って。

 

ふつうに

「死んでます。」って言ったよ。笑

ほんとに死んでたし。笑

 

でも、信じなかった。

 

いろいろ話して怖がらせようとしてたけど、

(彼らも仕事だからね)

ママは怖くなくてね。

そう思って話してる自分の事の方が

怖いなって思った。

 

怖くなかったのは、

手を出されたり

家に足を踏み入れられたら

ラッキーだと思ってたから。

 

お巡りさんにお願いしなきゃねって

決めてたんだ。

 

ママは

伊丹十三監督の映画が好きで

何度も何度も見てたから

ってのもあったかなぁ。

ミンボーの女とか

マルサの女とか。

 

だから

 

あの時は

伊丹十三監督に

「あの映画作ってくれてありがとう!」

 

って

思ったな。笑

ガチで

マジで!

 

映画っていいよ!

映画に助けてもらったりするから。

 

生きるために考える

兄に

「(はだしの)ゲンは13歳で独立した!」

ただそれだけ言われ

戸惑いの朝を迎えました。

 

いかがお過ごしでしょうか?

 

 f:id:tobami:20180217091823j:image

鯉ぐるまに

恋ぐるま(チョコ味)が

 

出ました。

 

ママは食べられな〜い。

 

どら焼きは

食べたけど。笑

 

なにせ

ほぼ砂糖なし生活ですからね。

テキトーで。

 

 

弟が

去年の夏に

あそこに行きたくないって言った意味が

わかったよ。

 

 

もうちょっと

寄り添えば良かったと感じて

ママ、

不甲斐ない

って思った。

 

弟はワイルドライフ好きで

よく見るよね。

ママも

一緒に見るの楽しい。

 

ワイルドライフって聞くとさ。

野生の動物の中の話『だけ』って

印象が

ママにはあるんだけど

よく考えたら

人間が生きている世界も

動物園じゃなくて

ワイルドライフなんだよね。

 

油断したら

食べられるんだよ。

 

人の中には

弱い人をさらに追い詰めてしまう

部分があって

それをママは

醜いなって思う。

 

でもママは

それ

持ってるよ。

 

もちろん嫌だよ。

それを持ってる自分なんて。

 

醜い自分なんて信じたくないでしょ!

 

でも

それでも

持ってる。

 

でも、

 

ママは

 

出さないようにしようって

 

決めてる。

 

なんでかって言うと

 

そういう奴は

ダサいから。

 

ダサくて何が悪いって

生きてもいいけど

ダサイから

こそ

かっこよく生きようって

かっこよく生きたいって思うんだよ。

 

醜いことより

美しいことを選びたいんだよ、ママは。

難しいよ。

これ。

でも

かっこいいじゃん!笑

その方が!

 

でも

人が生きているワイルドライフでは

いろんな考えを持って

生きている人がいるからさ。

 

中には

 

背中に火がついて

困ってるのに

笑いながら灯油を持ってきて

さらに

大やけどを負わせてやろうって人もいるんだよ。

それが世の中なんだよ。

特別なことでも

何でもなくて

それが普通のことなんだよ。

 

(そういうことをする側面もあるってだけ。

それがその人の本質じゃないよ。

そこ分かって欲しい。)

 

そういう時ね。

周りの人は絶対助けてくれないよ。

 

ママはそう思ってるんだ。

 

助けましょうねって

多くの人が

呼びかけるってことは

出来ないことがふつうだから

助けましょうね

って言うんだよ。

 

親孝行しましょうねって

言う人は

親孝行してないのと一緒。

 

親孝行してる人は

それ特別なことだと思ってないよ。

普通のことだと思ってるよ。

だから

新ためて言う必要もなく

当然だと思ってやってるよ。

ママはそう思う。

 

 

周りの人が助けないこと

悪いことじゃないからね。

 

見て

考えてるんだよ。

どうすべきか。

 

そこで出てきた感情に

支配されてしまう人もいるし。

 

見てる人も

いろいろだよ。

 

だから

誰も

助けてくれないと

思っていて欲しいの。

 

大人ですら。

 

ママはそう思ってるの。

ママ自身も

助けられないかもしれないって

考えもあるから。

 

身も蓋もないこと書いているね。

 

 

これ書いてるママ自身の事

 

最低な人間だと思っているもん。

 

だから

考えて欲しい。

助けてもらえないなら

どうしたら良いのか?

 

お願いだから

考えて。

 

ワイルドライフで

出てくる動物たちは

みんな

生きるために

攻撃し

生きるために

逃げて

生きるために

考えてる。

 

だから

 

人間の

野生の世界に生きる2人にも

 

生きるために

考えて欲しい。

 

 

 

そんな

しょうもないママだけど

絶対護ってやるからなって

思ってたりするよ。

 

ほんと

テキトーな

親だよね。 

 

f:id:tobami:20180217163056j:image

このタイトルを見て

「生きるためでしょ!」

 

それに妙に納得して

ちょっと読む気をなくした。笑

 

 

嘘から見えること

 

お味噌汁の中の

あさりを

じーっと

見つめる弟。

 

「あさりにカニが捕食されてるね。

神秘的だね。」

 

あさりに捕食され

熊本から長野に連れてこられ

我が家で

茹でられたカニの図。

f:id:tobami:20180216070229j:image

 

捕食って神秘的

なんて

ママは

思ったことなかったから

そんな言葉を使う弟に

びっくりしたよ。

 

意味はよく分かってなくても

言葉を知ってるっていうの

まずは大事だと思うから。

 

 

 

それにしてもなんで嘘つくの?

 

8割9割ほんとでも

ママはどういうわけか

1割2割の嘘がわかっちゃうんだよ。

1割2割の嘘に気づいちゃうと

全部嘘に見えるんだよ。

 

ある意味嘘って神秘的?。笑

 

不思議だよね。

 

まあ

良いんだけどさ。

ママも頭痛いって嘘ついて

剣道をサボってたから。

2人を散々クズ呼ばわりした後に

それを思い出して

ごめんねって言うと

許してくれたから

 

なんだかとても恥ずかしいし

申し訳なく思ったよ。

 

うそつかれてたってわかって

ママ頭にきちゃって。

 

自分も嘘つくことあるのにね。

 

 

 

でも

2人とも

ある意味偉いと思う。

ママなら公文のプリント捨てちゃうもん。

 

証拠隠滅!

 

でも

2人とも

おもちゃ箱に

お隠しになって

おられるじゃない。

 

バレちゃうじゃない。

そんなの!

 

可愛い子。

 

 

ママが見てなかったっていう

原因もあるから

やっぱ

ママかな!

ちゃんとやってるとこ

見てあげなきゃいけないのに

ほったらかしだったからね。

もう少ししたら

きっと

ママに見られるのが

うざくなる時期だろうから

 

それまでよね。

 

公文の先生も

きっと

諭しながらも

2人の嘘に

付き合ってくれたんだよ。

優しさ。

 

 

ママは

 

なんで嘘ついたのか?

考えるよ。

 

そこから

大事なことが出てきたりするから。

自分の守りたいものとか

分かったりするから。

そこを知るのを怖いと

思うかもしれないけど

 

楽勝なの。

 

だって

嘘ついてでも

守りたいものって

自分自身の

コアだよ。

 

自分自身の核を知らないで

生きてる方が

ホラー映画でしょ。

怖すぎじゃん!

 

 

つまり

嘘も

見方によっては

悪かないよね。

 

ママは

そう思うんだ。

 

f:id:tobami:20180216075242j:image

リーダー不在で

環境って成り立つかなぁって

考えながら

読んでる。

 

難しいかな。笑

人それぞれで良くない?

太鼓を見ていて

なぜあんなに

終わった後、

ぜいぜい息が上がっているのだろうかと

思っていましたが

やってみて分かりました。

 

太鼓は

およそ2分30秒の

無酸素運動。

 

ぜいぜいしないわけがない。

 

そしてママは

途方に暮れる。笑

 

持たないわけです。

 

でもさっき

ふと

f:id:tobami:20180215072808j:image

この本に

長寿の村の海女さんの話があったなと

思い出した。

 

無酸素状態で

運動するから

太鼓と似てるなって。

 

ということは

 

海女さんの食生活を

参考にすれば

太鼓が叩ける

体になるのかなぁって

ママは考えた。

 

こういう風に考えることが

共通項を見つけるってことだと思う。

 

共通項を見つけられれば

解決策が見つかるよね。

 

あと一呼吸ってところで

アワビが取れるか

取れないか!

そのカギを握っているのが

砂糖みたい。

 

お菓子を食べると

息が続かなくなるから

喉から手が出るほど

食べたくなるけど

って言って

海女さんは手をつけなかったって

本にはある。

 

だから

勝間和代さんのブログを

参考に

ほぼ砂糖なし生活でも

しようかな。

 

 

太鼓

叩けるようになりたいしね。

 

砂糖食べてもいいと思うよ。

人それぞれ遺伝子違うから

どんだけ食べても

平気な人いると思う。

 

ただ

そうじゃない人もいると思うよ。

砂糖にあんまり適応してない体の人も

いると思う。

人がそうだったら

自分もそうだって言うことでは

ないと思うんだ。

 

だから

 

2人は

自分で

自分の身体で実験して

みてね。

 

お酒飲める人と

ママみたいにお酒飲めない人がいるでしょ

って考えれば

少しピンと来るかな?

 

だから

電磁波だって同じだと思う

電磁波に弱い人もいれば

あんまり気にならない人もいると思う。

 

なんでそう思うのかっていうと

ママは音楽何でも聞けるから。

(Jアラートは嫌だけど)

クラシックもロックもポップスも民謡も

聞いててどうにかなった事は無いから。笑

 

あと

炊飯器で

さつまいも蒸して食べても

美味かったから。

 

美味しく作れるのに

ママの身体に悪さをするわけないと

ママは

思うから。

 

そう思わない人には

きっと

その料理法は合わないんだと思う。

 

自分に合わないことが

駄目なことじゃないからさ。

 

ママは自分の感覚大事にするよ。

 

そう考えると

みんなが同じ勉強するのって

うまくいくわけないよなぁって思う。

人それぞれ

得意なインプットの仕方と

得意なアウトプットの仕方が

あるんじゃないかって思うんだ。

 

勉強のやり方も

ご飯の食べ方も

すべてのやり方において

自分で見つけるのが

1番だと思う。

 

今日はママそんなこと思ったよ。

 

でもママチョコミントのアイス好きなんだよね。

笑 

今日のperfumeは絶対!

 

チョコレイト・ディスコ。

 

f:id:tobami:20180214021545p:image

http://m.tiffany.co.jp/valentines-day-tattoo-shop?omcid=eml-JP_GLBL|Vday_Gold_013118_Go_For_Gold&utm_medium=email_marketing&utm_source=glbl|vday&utm_campaign=jp-gold_013118_Go_For_Gold&ecmid=31593680&tfr=1

こちらで作成。

 

ママはこういうの好き。

 

あるものを組み合わせて

自分の好きなものを作る。

 

何もないところから

創るには

才能がいるけど

あるもので自分の好きなものを作るのは

好きなものさえ、分かっていれば

できちゃうからね。

 

ママが

パパと

結婚しようと思ったのは

 

ママが27才のまま

100万年くらいの生きられたとして

ぴったりの人を見つけていいよって

言われても

 

パパより

素敵な人は

いないだろうと思ったから。

 

ママみたいな人間を好きだと思う

人間は

いないだろうし

偏屈だし

普通のままの自分を出すのは

できないし

合わせるのは出来るけど

それでは

あっという間に疲れるから

やっぱり

出来ないし。

 

だけど

 

誰かと一緒にいたいなぁって

思ってた。

 

ママのお父さんのお墓参りに行ったとき

 

(その時は何かしてもらっていたとは

思えなかったから 笑)

 

心の中で

 

お父さんは

私のために何にもしてないんだから

私に合う人を連れて来て!

そっちの世界にいるなら簡単でしょ!

って

 

お願いした。

 

その後しばらくしてから

パパと出会ったけど

印象は

 

横柄なやつだな!

 

だった。笑

 

でも、

誰に対しても

横柄なやつだったので

裏表がない気がして

面白いなと思った。

 

ある意味

誠実でしょ。笑

 

何人かで

ご飯を食べに行ったとき

TPOを考えない発言に

ブチ切れて

ママも

TPOを考えずこき下ろしたとき

 

楽だなぁと思った。

ママにはそれが一番大事だったから。

 

自分が楽な状態で

人と接したことが

初めてだったんだよ。

ママは。

 

いつも何処かで

相手を

優先させてたから。

 

でも、

結婚しようと思ったのは

この人に

最優先出来ると思ったので。

 

ママは

賭け事好きじゃない。

ママのお父さんはパチンコやって

家計を圧迫してたから。

 

賭けるなら

リミット決めて

考えて

お願いしまーす。笑

 

 

パチンコはコンピューター制御だから

(たぶん)

考えても勝ち負けに反映されないし

そもそも

賭け事は

胴元が儲かるだけって

苫米地さんの本で読んで知った。

 

賭け事好きじゃないけど

やっぱり

血ですかね。

パパに賭けた。

 

そんな感じ。

 

賭けるからには

全力を尽くしたいじゃない?

だから

自分を差し置いてでも

って

出来る人間と一緒にいたいと思って

パパに対して

それが出来た。

 

いや

 

するって

決めた。

 

だって

ママは

パパに好かれてる

自分のこと

初めて

好きだなぁ

って

思えたから。

 

これかな

1番の決めては!

 

2人はどうなっていくのかな?

 

今、

パパは

戦友であり

ライバルであり

ママのダディ!笑

 

そう!保護者です。

パパには

好かれてくださいね。

 

 

同感って嬉しい!

f:id:tobami:20180213080457j:image

この冬は

これでここまで乗り切れてる!

 

 

 

俺セロリ嫌いなんだよね。

と兄。

 

昔は何も言わずに食べてくれたのに

最近は

わかめが嫌いだ!

セロリが嫌いだ!

人参がでかい!

など

クレーマークレーマーになっている。

 

でも

ママに主張できるように

なっているんだなーって気もするから

嬉しい事でもあります。

 

「セロリの味が嫌なんだよ」

と言うので

「セロリに味なんてない!」

とママは言い返す。

だってセロリにあるのは

においでしょう。

「ねぇもうお願いだから

残してもいいでしょう」

兄は連発するので、

 

伝家の宝刀

ママは振りかざします。

「そんなこと言ってると

今日ゲームなしにするよ!」

すると

 

 

「そうやって脅すの良くないと思うなぁ」

 

 

脅しだってわかるようになったんだ!

朝から嬉しくなりました。

 

でもママは

 

「そうだね。

脅すのは良くない。

でも

残すのはもっと良くない。」笑

 

言っちゃうわけです。

 

まだまだ負けないでおこう。

 

でもまぁ

気持ちとしては

残してもいいと思っているんだけどね。

 

 

目黒のゲーマーを迎えに行く車の中で

弟が

彼の名前を呼び捨てにしたら

兄が

「呼び捨てにして良いのは俺だけだ!」

そういったのを覚えてる?

弟も

「俺だって呼び捨てにしていい!」

そんなこと言ってたよ。

 

素敵なことだよね。

そんなふうに思える人と

出会ってるってさ。

 

ほんとラッキーだよ。

 

その子のママも素敵で

会いに来て欲しい人だからね。

 

ほんと

ママもラッキー。

 

彼女も

考える人だし

考えるだけじゃなく

行動も出来る人なんだよ。

 

ダンスを子どもと一緒にやりはじめて

見てただけではわからない

って感じたって

話してくれた。

 

簡単そうに見えるから

こうした方がいいとか

ああした方がいいとか

言ってたけど

実際にやってみると

難しかったって。

 

ママも

太鼓やってみて

あ!

簡単そうに見えるけど

難しいって

実感したから。

 

それ同感!

って

思えて

嬉しかった。

 

だから話ししてても

新鮮なんだよね。

あとやっぱり面白いし。

 

この

面白さも

書いて伝えられたらなぁ。

 

2人とも笑ってくれるはずだし。

 

 

 

今日は参観日。

 

フリーザ

降臨!