tobamiの親子で山村留学体験記

サイヤ人になるのが夢の兄!バスの運転手が夢の弟!山村留学で『1000個外遊びをする』を目標に、体験を通して思ったことを書くブログ

戸建てに決めたわけ

来週、村営住宅の手続きの書類が届くそうです。
長野は雪とのこと。

村営住宅は、戸建て♪
色々な村営住宅がありました。
平屋、アパートタイプ、マンションタイプ、新築の戸建てもありました。

私は、学校に近いところをお願いして、築14年の戸建てになりました。
新築の戸建てはかなり魅力的でしたが、学校から離れています。
脚力が鍛えられるかも!!と思っていましたが、学校から1キロ以上はバス通学になるそうです。
近い方が、遅刻してバスにのれなかったとしても走って行かせることが可能ですね…という気持ちが大きくなり、こちらに決定です。

戸建てに住む経験は、なかなかさせてあげられないのもそうですし、
家の中で
「走らないで」
「響くからー」
「うるさーい」
をもう言いたくないとも思っていました。

あと村の人たちが選んで下さったので、縁がありそうとも思えたので。

浄化槽代込み、41.000円
浄化槽代というのが初で、謎ですが住むところが決まってほっとしています。

「雪が降ってるって、長野に車で行けんの?」
と、ばりたさんの一言に
スタッドレスない、
チェーンない、
車は無いから借りるんです!!の私は
ほっとしたのもつかの間、不安に襲われています。

写真は、村のパンフレットから
f:id:tobami:20160312072200j:plain

溶けていいよ~