tobamiの親子で山村留学体験記

サイヤ人になるのが夢の兄!バスの運転手が夢の弟!山村留学で『1000個外遊びをする』を目標に、体験を通して思ったことを書くブログ

息子にひとこと以上

『僕はここにいる資格ないよ。
だって、ひとを置き去りにしたし、
仲間はずれにしたし、屋根に上ったし
悪いことした』



気づいたから良いじゃん。




気づかなければ、
改善しようがないから。



間違えた~
ダメな人間だーと、
いちいち思わないで欲しい。

間違えた~
の後は、
じゃあどうしよう?

やってみよう!

どうだった?

の繰り返しをするしかない。

ママだってそうだし、
ママは今でも間違えて
あーすれば良かった、
やり過ぎた、
また、やっちゃった!!
を繰り返してるよ。

落ち込むこともあるけれど、
この村で何とかやっています。

何だか
魔女の宅急便のワンシーンに
なっています。

そうです。

環境を変えると、
魔女の宅急便のような出来事が起きる。

そして、成長する。

だから、
ブラザー兄。
魔女の宅急便を見よう。







富士川道の駅
f:id:tobami:20160529215325j:plain
出来たばかりで綺麗だった。