tobamiの親子で山村留学体験記

サイヤ人になるのが夢の兄!バスの運転手が夢の弟!山村留学で『1000個外遊びをする』を目標に、体験を通して思ったことを書くブログ

話を聞けますか?

ヒカキンの熟成バナナの動画を見て

弟が

「大人になったら熟成バナナ作るんでしょ!

でも、おれ つくんなーい!!」

と。

f:id:tobami:20171228055704j:image

どうする?

もう家に、

その熟成バナナがあったら!笑

 

 

 

ママは

いくつになっても憧れの存在って

必要だと思ってて

ママは小学生では中学生をかっこいいなと思っていて

中学生になったら高校生の人かっこいいなと思って

生きてきたから。

 

 

でも、最近は

人の中にある輝いてるとこ

結構見つけられるようになってきたかな。

年齢って

全然関係ないね。

 

 

モデルさんや

俳優さんや

アニメキャラでも

なんでも

憧れの存在にしてもいいよね。

ママは

ルース ネッガ、好き。

彼女の髪型が(プリーチャーズね)

ローマの休日の時のヘップバーンに似てて

可愛い。

長澤まさみさんも

中谷美紀さんも

まなみんも

名取裕子さんも好き。

 

 

でももし

憧れの存在が身近にいたら

凄くラッキーだって思う。

だってその人の空気感とか

言葉だったりを

ダイレクトに聞くことができるから。

触れることができるから。

 

解ってると

安心よね。

こんな感じで、

年を重ねていけばいいって

考えられるから。

 

弟が

「ママ!俺が1位になるところ見てて」

(マリオカート)

って言った。

 

兄もそう。

「おれ、結構速いの投げられる!

   ママ 見てて!」

って言うね。

 

もしかしたらいくつになっても

褒めてもらいたいなとか、

誰かに

一生懸命頑張ってるところを

見ててもらいたいなーって

思うものなんじゃないかなって

感じた。

 

だから

昔は子どもだった

かっこ良くないおじさんは

もしかしたら

褒めてくれる人がいない。

 

彼らの環境もキツイのかも。

 

もしかしたら

褒めてくれる人は家にいるかもしれないけど

聞いてくれない。

聞いてもらえない理由があるかもしれない。

けれど

聞くべき人も

疲れて聞けない。

簡単に想像できるよ。

介護に、子供の将来、自分の将来、

病気に、お金でしょ。

 

(こういう不安については

徹底的に調べ尽くせば解消されるからね。

徹底的が大事。

中途半端だと

不安を増大させるだけだから。 

 

安心できるまで

考え尽くせってこと。)

 

 

 

たいていの子は

楽しいことがあると、

 

見て見て!

面白いよ。

見て見て!

 

って

聞いてもらいたいし

一緒に

喜んでもらいたいんだよね。

 

大人になっても変わらないね。

 

しかも

ママに見てもらうことで

きっと

その行動は

強化されるから

大人になっても

一緒に

喜んで欲しくて

話したくなるんだよね。

 

そしたら

ママたちが

結果的に

彼らを形成してるのかな?

 

やばいね。

 

それは

もう

やばいね。

 

ほうれん草のバイト行ってる時も

そんな話があったんだよ。

 

子どもって

テーブルの上の

本の上の

プリントがわかんない!

って。

 

目の前だ

って言っても

わかんないって。笑

 

で!

しょうがないから

ママが見つけて渡すでしょ。

ほっとけないから。

 

バスの時間もありますし。

 

放っておければいいかな?

いや

出来ませんよ。

 

ねぇ!

 

 

しょうがないな。

それでは

ママたちを代表して

かっこ良くない人に謝ります。

 

 

ママは

かっこ良くない人への発達に

ひと役買っていました。

ごめんなさい。

 

でも、

ママに大切にされてたって

証拠でもあるから

ママ

無罪!笑

 

でも、

とりあえず

みんな

しょうもないっつうことで

いかがすか?

 

ママはそんなこと思ったりするよ。 

 

2人はどんな人に

なりたいかな?