tobamiの親子で山村留学体験記

サイヤ人になるのが夢の兄!バスの運転手が夢の弟!山村留学で『1000個外遊びをする』を目標に、体験を通して思ったことを書くブログ

自分の書き方がある

兄が

グレッグのダメ日記を読んでいて

「俺も日記書こー」って言ってたのを

思い出したから

ママのブログの書き方

書いとくね。

 

長倉顕太さんがセミナーで言ってたの。

体験したことじゃなきゃ書けないって。

 

体験したことじゃなきゃ伝わらないって。

 

本を作って

むちゃくちゃ売ってきた人の話だから

説得力あったんだよ。

 

それ聞いてママは

本は読んでるけど

ちゃんと感じてないから

今まで書けなかったんだなぁって

 

腑に落ちた。

 

だからママは

自分が体験したことと

過去思ってたこととか引っ張り出してきて

リンクさせて

なんか急に書けるようになったんだ。

これって長倉さんのおかげ。

 

 

 

『好きなことは

クソするようなもの』

 

リアリティ感じるから

面白かった。

 

文も動画も。

動画なんか

真顔で話しているから

ガチで

面白い。

 

何回見ても

笑っちゃう。

 

なりきって書くなら

好きなことやってる時の

自分を使えばいいよね。

 

好きなこととか

かっこいいなとか

自慢できちゃえる自分を

使うかな。

 

 

私はママやってる自分のことが

すごく好きなんだよね。

楽なの。

しっくりくる感じ。

 

だから

なりきって書くときは

何してる時が1番好き?

って自分に聞いてみたらいいんじゃないかな?

 

あとね

ほんとに話したい人に話すつもりで書くと

いっぱい書けるよ。

ママはそうしてる。 

いっぱい書けた時に

自分がどんな人間になりたいのか

どんな人間として書きたいのかって

見えてくるのかもしれないよ。

でもこれは

私のやり方だから

あなたにはきっとあなたのやり方があると思う。

 3時間 プレイリスト作成!

面白過ぎる。

書く気ないでしょ。

 

最後はきっと

自分にならないと書けないよ。

みんなに伝わる言葉って。

あなたが何者であるかなんて

関係なくて

あなたの言葉だよ。

みんなが聞きたいのは

あなたの言葉なんじゃないかな。

 伝えたいのは

自分の言葉でしょ。

きっと。

 

 でも

やっぱり

なりきって書きたいなら

ギャンブル

おじさんでどうぞ!笑

 

 

ママは

荻原規子さんの

空色勾玉を

高校か中学

どっちかで読んで好きになった。

 

薄紅天女。

白鳥異伝。

 

全部読んでる。

 

古典好きだったからかな。

古事記とかがベースになって作られてる。

漫画とかキングダム好きだから

歴史モノが好きなんだろうね。

ママは。

 

あの3冊は

思い出深くて

引っ越す度に捨てて

そしてまた買うっていうことを

繰り返した本なんだよ。

 

古本じゃ

嫌で

新しい本を

買っては捨て

買っては捨て

 

今思うと

バカじゃん!

 

 長野に行って

やっぱり捨てたんだけど 笑

この前

文庫本見つけて!!!

やっぱり

買っちゃった。

 

あとがきはあまり読まないけど

なんとなく読んでみた。

 

そうしたら荻原規子さんが

なんで本を書こうと思ったのかっていう

きっかけが書いてあって

 

CSルイスの言葉が出てた。

 

引用じゃなくてまとめて書くね。

『子供のために本を書く人は

3通りで

子供にへつらう人は

駄作を書いて、

ある決まった子(自分の子供とか友達のために書く)に書く人たちは

傑作を書くことが多い。

ルイスキャロルとかケネス・グレアムとか

トールキンがそう。

自分は子供のために

空想を使って書く書き方をしてる。

でも自分が読みたがるような本を

自分で書いたんです。

私がものを書く理由はいつもそこにあります。

ひとが、

私の読みたい本を書いてくれないから、

私が自ら書かなければならないのです。』

 

ライオンと魔女を訳した人が(瀬田貞二)

ルイスの言葉を引用して

あとがきで書いていたって。

 

荻原規子さんはこれを覚えていて

自分で書こうと思ったってあった。

 

あとがきも読んでおいたほうがいいね。笑

 

 ママも自分の子どものためにって

書いてるから

 

このブログ

傑作かもしれない!笑

 

そんな事

考えてんだ。

ママはね。

f:id:tobami:20180106073653j:image

動物園でフラミンゴ