tobamiの親子で山村留学体験記

サイヤ人になるのが夢の兄!バスの運転手が夢の弟!山村留学で『1000個外遊びをする』を目標に、体験を通して思ったことを書くブログ

いいなーって思うだけにする

成毛眞さんの本に

(本は同時に10冊読め

だったと思うんだけど、本棚の本だったかも

何冊か読んだから覚えてないけど。

ママはテキトー)

 

 

『自分がいいなって思った本しか紹介しない』

 

って書いてあった。

 

お勧めできるところがないって言う本は

お勧めできませんて書く必要ないから

紹介しないってこと。

 

すごくいいなーって思った。

 

だーよーねーって。

 

自分の価値観とは

違うとか

あえて

誰かに伝える必要はないって

ママは思うんだよ。

 

だって

自分とは違うんだよ。

違う考えしてる方が普通じゃん。

普通のことを言葉にしても

つまんないじゃん。

 

つまんない言葉なんか聞きたくないじゃん。

 

誰かに伝えるべき言葉は

面白くなくちゃね。

 

もちろん

これ読んでも

面白いとは思わないだろうけど

ママなりに

考えてんの。笑

 

 

自分とは違う考え方に

 

出会ったときって

奇跡のときなんだよ。

 

どうしてかって言うとさぁ

新しい神経細胞が

構築されるって時だからだよ。

新しく道ができるってこと。

あなたの世界が広がるってことなんだよ。

 

今まで見ていた世界とは違う世界が見れるってことなんだよ。

 

凄くない?

 

新しい世界なんか見たくない

変わりたくないって時ね。

 

お腹が空いているか

疲れてると思う。笑

 

余裕がないってこと。

 

余裕を作るにはね

面白い事して遊びまくるんだよ。

そうすると

自分の器がでかくなるんじゃないかなって

ママは考えるようになってるんだ。

 

誰かのことを羨ましいなぁって思って

思いすぎて

嫉妬っていう形に

感情が変わったりした時も

余裕がないんだよね。

 

ママはあんまり誰かのことを

嫉妬することはないんだよ。

羨ましいなぁ位はしょっちゅうあるよ。

あの女優さん素敵だなぁとか

あの車素敵だなぁとか

あの洋服かっこいいなぁとか

もっと頭がよかったらなぁとかね。

 

でも

うらやましいから嫉妬に

変えない方法があるんだよ。

 

感情が行き過ぎたりした時は

 

その人が払ってきた犠牲や努力を

自分自身ができますか?

 

って自分に問いかけ続けるんだよ。

 

ママは、犠牲なんて絶対やだし

ママができる努力なんて

誰かのやった努力と比べたら

たかが知れてるしね。

 

だから

その問いの答えはいつも

『イヤ』

だったのね。

 

それを

繰り返して

繰り返して

繰り返したから

簡単に嫉妬とか妬みみたいな感情に

変換しなくなった。

 

頭のいい人が
小さいころから
本を読んでいたという努力と
そのために遊ばなかったっていう犠牲を
払ってきたとしたら
それをやったらいいでしょ。

 

それできないのに

簡単に嫉妬とかして

できない自分を棚に上げて

人を悪く言っても

楽しくないじゃん。

 

関係性の話したでしょ。

 

人を良くないっていうのは

自分のこと良くないっていうのと

同じだよ。

 

人を悪いって言う事は

自分を悪いって言ってるのと

同じだよ。

 

それ自分のこと大事にしてると思う?。

 

まず

自分のことを大事にしなきゃいけないのに

自分のことを傷つけちゃダメでしょ。

 

どうしてだと思う?

 

自分を大事にする人は

他人も大事にするからだよ。

 

ただそれだけ。

ママはそっちの方が好きなんだ。

楽なんだ。

ただそれだけ。

 

 

ママはそう考えるけど

2人は

どうしていくかな?

 

f:id:tobami:20180111071300j:image