tobamiの親子で山村留学体験記

サイヤ人になるのが夢の兄!バスの運転手が夢の弟!山村留学で『1000個外遊びをする』を目標に、体験を通して思ったことを書くブログ

自分のこれ!を持つ

 セミナー楽しみ!

 

兄弟!

じいじの話聞いて

待っててね〜。

でも、ゲームし放題だから

2人にとっては

パラダイス。

 f:id:tobami:20180120105249j:image

 

ママは最近

人のこだわり聞くのが

楽しいんだよね。

 

この前

スキー場で

同じ小学校に通ってるパパさんに会って

休憩所で少し話したでしょ。

 

面白かった。

 

コーヒーのこだわり。

 

缶よりドリップを選ぶ。

無ければ缶。

 

大きさも大事で

セブンだとレギュラー。

ホットなら冷めずに

アイスなら氷が溶ける前に

美味しく頂けるサイズだから。

 

なるほどね。

 

ママは

それ考えたことなかったから

なんかいいなーって思った。

 

 

若い時は(20代前半かな)

こだわってる人の話聞くの

消極的だった。

 

「なんでも良いじゃん!」

 

みたいに思ってた。

 

小さい人間に思えたんだよね。

細かいこと言う人とか、

こだわりの強い人って。

 

 

でも、

なんか違ってたよ。

 

こだわることが出来る人って

こだわらないことも出来る人。

 

そんな感じ。

 

どっちも出来るといいよね。

 

だから

なんでもいいじゃなく

自分はこれ!

って

言えたほうがいいね。

 

ママすぐ

 

何でもいい

って

言っちゃうほうだからさ。

 

それって考えるの放棄してるかも

しれないなって

思った。

 

 

これじゃなきゃダメだって

我を貼るのとはまた違う。

 

なんか

分かりやすく書けないから

もう少し

考えよう。

 

 

わかってくれない人もいるだろうけど

わかってくれる人もいるから。

 

わかってもらえない時に

どう行動するかだよ。

 

他の人のせいにするのか

自分の伝え方を再検討するのか?

 

ママは

自分の伝え方を

考えるなぁ。

 

その方が早いの。

 

だって、他人のせいにして

何か変わる?

ママは変わんないと思う。

人を変えようとしたら

膨大なエネルギー消費するよ。

 

そんなの無理!

ママはね。

 

自分が学べば済むことなら

そっちにアプローチするよ。

 

ママはその方が楽ってだけ。

 

2人はどうするかな?

 

 

ママは寮を出てから

恵比寿のリアルネズミーランドに住んでた。笑

 

寝て起きたら

30cmくらいの

バカでかいネズミと目が合った。笑

 

その恐怖たるや。

 

台所のシンクの下の

収納から出入りしてたよ。

 

そこを開かずの扉にしたら

目が合うことはなかったけど。

時々

屋根裏で

エレクトリカルパレードが行われてた。笑

 

ミッキーマウスがヒーローなのは

ものすごい出世したのに

 

ネズミだから。

 

ネズミだけど

スゲーなーって思って。

 

それに

あの着ぐるみの中にいる

 

何かは

おもしろいような

怖いような

 

うまいこと言えないけど

 

ママのヒーローが

ほんとに入ってるんじゃないかって

思ってたりするから。笑

 

たらーん!

って

出て来そうじゃない?笑

 

出て来たことないけど。

 

えぇ!

ロマン!

 

そんなこと

思ってたなぁ。

ママは。