tobamiの親子で山村留学体験記

サイヤ人になるのが夢の兄!バスの運転手が夢の弟!山村留学で『1000個外遊びをする』を目標に、体験を通して思ったことを書くブログ

見て感じたこと

 

すりガラスを作った人は

ガラスに付いた

氷の模様を

見たことがある人なんだと

ママは思ったよ。

 

当たり前かな?

 

綺麗だから

再現しようと思ったんじゃないかなって。

 

ふたりにも

今は

いろんなもの

見ておいてほしい。

 

f:id:tobami:20180129080027j:image

この

模様。

ママには

皮膚の構造にも見えるんだ。

なんとなく。

 

同じものに

見えたりする。

 

 

ママが

行動した方が

いいと思うのは

なんでかっていうと

地球と月の動きを見て

原子構造を見て

あーそうかって

思ったからなの。

 

地球は

自転して

公転してるでしょ。

地球自身がくるくる回りながら

太陽の周りを回ってる。

 

 

原子構造の図って

地球と月の感じに似てるなぁって

思った。

 

でっかい地球と

ちっこい原子が似てて

 

どちらも

ずっと

動いてる。

 

だから

動き続けてた方が

自然なんじゃないか?

って

感じるの。

 

ママはそう思うだけ。

正しいか正しくないかで言ったら

わからないよ。笑

 

でも

ママは

自分が感じた事の方を大切にしたいよ。

 

そう思ってる。

 

いいものには値段っていう

価値がついているって言われても

本当に良いものには

価値なんかつけられないって思う。

2人に

お金って言う価値をつけろって言われても

できる人もいるかもしれないけど

ママにはできないから。

 

いや

 

いいものには値段がつけられるけど

その人自身にとって

本当にいいものには値段がつけられない。

 

ママはそんなふうに思ってるよ。

 

それに

ママは

良いものと

本当に良いものの選別ができない。

 

全部

本当に良いものにしたくなるの。

 

選びたくないのかもしれない。

 

全てに価値がある

で良いとしたい。

 

そんな感じなんだと思う。

 

ライブで感じていた違和感の答えは

これなんだと思う。

前にもこんな感じで

自分が分からなくなったから

ママはバカだよね。

 

資本主義を

軽蔑してるくせに

資本主義のなかで

楽に生きる術を探してるよ。

 

でも、

人は変わらないし

たぶんママも

変わんないだろうから

また明日になれば

折り合いをつけて

いけるかなとも思う。

 

でもきっとまた

同じところでつまずくって予想できちゃうから

それ考えるとため息が出るわ。

 

今日は太陽が出ていてよかった。

曇りの日だと気が滅入るから。

ママにも

そんな日があるよ。

 

でも

いいよね。