tobamiの親子で山村留学体験記

サイヤ人になるのが夢の兄!バスの運転手が夢の弟!山村留学で『1000個外遊びをする』を目標に、体験を通して思ったことを書くブログ

生きるために考える

兄に

「(はだしの)ゲンは13歳で独立した!」

ただそれだけ言われ

戸惑いの朝を迎えました。

 

いかがお過ごしでしょうか?

 

 f:id:tobami:20180217091823j:image

鯉ぐるまに

恋ぐるま(チョコ味)が

 

出ました。

 

ママは食べられな〜い。

 

どら焼きは

食べたけど。笑

 

なにせ

ほぼ砂糖なし生活ですからね。

テキトーで。

 

 

弟が

去年の夏に

あそこに行きたくないって言った意味が

わかったよ。

 

 

もうちょっと

寄り添えば良かったと感じて

ママ、

不甲斐ない

って思った。

 

弟はワイルドライフ好きで

よく見るよね。

ママも

一緒に見るの楽しい。

 

ワイルドライフって聞くとさ。

野生の動物の中の話『だけ』って

印象が

ママにはあるんだけど

よく考えたら

人間が生きている世界も

動物園じゃなくて

ワイルドライフなんだよね。

 

油断したら

食べられるんだよ。

 

人の中には

弱い人をさらに追い詰めてしまう

部分があって

それをママは

醜いなって思う。

 

でもママは

それ

持ってるよ。

 

もちろん嫌だよ。

それを持ってる自分なんて。

 

醜い自分なんて信じたくないでしょ!

 

でも

それでも

持ってる。

 

でも、

 

ママは

 

出さないようにしようって

 

決めてる。

 

なんでかって言うと

 

そういう奴は

ダサいから。

 

ダサくて何が悪いって

生きてもいいけど

ダサイから

こそ

かっこよく生きようって

かっこよく生きたいって思うんだよ。

 

醜いことより

美しいことを選びたいんだよ、ママは。

難しいよ。

これ。

でも

かっこいいじゃん!笑

その方が!

 

でも

人が生きているワイルドライフでは

いろんな考えを持って

生きている人がいるからさ。

 

中には

 

背中に火がついて

困ってるのに

笑いながら灯油を持ってきて

さらに

大やけどを負わせてやろうって人もいるんだよ。

それが世の中なんだよ。

特別なことでも

何でもなくて

それが普通のことなんだよ。

 

(そういうことをする側面もあるってだけ。

それがその人の本質じゃないよ。

そこ分かって欲しい。)

 

そういう時ね。

周りの人は絶対助けてくれないよ。

 

ママはそう思ってるんだ。

 

助けましょうねって

多くの人が

呼びかけるってことは

出来ないことがふつうだから

助けましょうね

って言うんだよ。

 

親孝行しましょうねって

言う人は

親孝行してないのと一緒。

 

親孝行してる人は

それ特別なことだと思ってないよ。

普通のことだと思ってるよ。

だから

新ためて言う必要もなく

当然だと思ってやってるよ。

ママはそう思う。

 

 

周りの人が助けないこと

悪いことじゃないからね。

 

見て

考えてるんだよ。

どうすべきか。

 

そこで出てきた感情に

支配されてしまう人もいるし。

 

見てる人も

いろいろだよ。

 

だから

誰も

助けてくれないと

思っていて欲しいの。

 

大人ですら。

 

ママはそう思ってるの。

ママ自身も

助けられないかもしれないって

考えもあるから。

 

身も蓋もないこと書いているね。

 

 

これ書いてるママ自身の事

 

最低な人間だと思っているもん。

 

だから

考えて欲しい。

助けてもらえないなら

どうしたら良いのか?

 

お願いだから

考えて。

 

ワイルドライフで

出てくる動物たちは

みんな

生きるために

攻撃し

生きるために

逃げて

生きるために

考えてる。

 

だから

 

人間の

野生の世界に生きる2人にも

 

生きるために

考えて欲しい。

 

 

 

そんな

しょうもないママだけど

絶対護ってやるからなって

思ってたりするよ。

 

ほんと

テキトーな

親だよね。 

 

f:id:tobami:20180217163056j:image

このタイトルを見て

「生きるためでしょ!」

 

それに妙に納得して

ちょっと読む気をなくした。笑