tobamiの親子で山村留学体験記

サイヤ人になるのが夢の兄!バスの運転手が夢の弟!山村留学で『1000個外遊びをする』を目標に、体験を通して思ったことを書くブログ

口撃への反撃の中にもユーモアを

Dude,where's my car?

アシュトンカッチャーと

ショーン ウィリアム スコット

 

確か

ビッグ・リボウスキ

繋がりで見たと思う。

 

面白かった。

バカ全開!

 

 

でも

これで使われてたフレーズが

弟の

不必要な口撃(笑)への

対処法として

ひらめいたので

書いときます。

 

映画の中で

2人が

ドライブスルーで

ハンバーガーを注文してるシーンがあるの。

 

1つ注文すると

マイクから

「And then?」って聞こえてくる。

 

それから?

とか

他には?

って意味かなぁ。

 

他には?

って聞かれるから

注文するの!

 

そうすると

また

「And then?」

って聞こえてくる。

 

もう注文した!以上です!って言っても

「And then?」

って

返されるから

 

罵声を浴びせるんだけど

 

やっぱり「And then?」

 

って繰り返し言われるの。笑

 

で、

頭にきて

2人はそのマイクをぶっ壊す。笑

 

こんな感じだったと思う。

 

ママはこれ使えると思ったの!

 

 

他には?って

言い続けるの!

弟は

『他には?』

しか言わないで

余計なこと考えなくていいから

簡単。

でしょ。

返す言葉が決まってるから

心理的に優位でしょ!

 

あとは

相手が諦めるまで

繰り返せばいい。

 

ユーモアって

怒りを

通り抜けて

軽くしてくれる。

 

f:id:tobami:20180218085746j:image

この本には

対処法が何種類も書いてあるよ。

 

ママは

これ読んだとき

全部は出来ないなーって思ったけど

自分で思い出した。

 

出来るのから

やればいい。

 

ママ

2人に

そう言ってるのに

抜けちゃうときあるよ。

 

この中に出てくるユーモアの項目だったら

ママという人間に合ってる

と思ったわけ。

 

頭の回転数が速ければ

書いてある通りにできるかもしれないけど

ママは

みんなが

1回転でわかるとこ

30回転くらいしないと分かんないんだよ。

だから

やり方も

ママ用に

アレンジ。

 

ママがやりやすいようにね。

 

これひらめいたのには

もう1つヒントがあったの。

 

この前

弟はママに向かってふざけて

「ママのばーか」

って言ったでしょ!

あ!

いいこと思いついた!

って思って

「そうだよ!」って

返した。

そしたら

「ママのブスゴリラ!」って言うから

「そうだよ!」笑

「ママのお腹タプタプ!」って言うから

「そうだよ!」

「そうだよしか言えないの?」って言うから

もちろん

「そうだよ!」笑

 

それも

インスピレーションの

1つだね。

 

そうだよ!

っていうのは

相手の言うことを

認めることになるから

感情的な弟には

使えないかもしれないけど

 

他には?

って言葉なら

言えそうかな

とも思ったし。笑

 

昨日

ママは

2人に何かあった時

助けられないかもって

書いたね。

理由は

もし

ママが死んだら

助けたくても助けられないから。

 

それを

ある程度

想定してほしいから。

 

ママは

小2のとき

ママの両親がもし死んだら

ママはどうなるのか?って

考えてたなって思って。

 

ママのお父さんが死んだとき、

ママは独りでやらなきゃいけない事が

あったの。

 

取り立て屋さんとの交渉。笑

 

ママしかいなかったんだよ。

母親は腑抜けになって役に立たないし

妹と弟には

荷が重いでしょ。

 

ママが想像してたような

男  二人組が

セカンドバック持って家の前にいてさ。

 

「お父さんいるんでしょ!呼んできて!」

って。

 

ふつうに

「死んでます。」って言ったよ。笑

ほんとに死んでたし。笑

 

でも、信じなかった。

 

いろいろ話して怖がらせようとしてたけど、

(彼らも仕事だからね)

ママは怖くなくてね。

そう思って話してる自分の事の方が

怖いなって思った。

 

怖くなかったのは、

手を出されたり

家に足を踏み入れられたら

ラッキーだと思ってたから。

 

お巡りさんにお願いしなきゃねって

決めてたんだ。

 

ママは

伊丹十三監督の映画が好きで

何度も何度も見てたから

ってのもあったかなぁ。

ミンボーの女とか

マルサの女とか。

 

だから

 

あの時は

伊丹十三監督に

「あの映画作ってくれてありがとう!」

 

って

思ったな。笑

ガチで

マジで!

 

映画っていいよ!

映画に助けてもらったりするから。