tobamiの親子で山村留学体験記

サイヤ人になるのが夢の兄!バスの運転手が夢の弟!山村留学で『1000個外遊びをする』を目標に、体験を通して思ったことを書くブログ

一緒に行くもん!

「このBBAは、何も分からない」

と兄。

 

BBA

すなわち

ばばあ。

 

いかがお過ごしでしょうか?

 

分かります!

 

 

 

弟の自己肯定感が

ママのせいでマイナスになっている事が

カウンセリングで

分かりました。

 

あなたは

ママの期待に応えようと

言いたいことを言わずに

がんばってたんだね。

 

ごめんね。

 

兄には

謝れるの。

 

でも、

あなたには

「ごめんね」を

ちゃんと言ったことなかったね。

 

 

ママを10年やってるって

油断してた。

あなたのことも

ちゃんと

ママやってるはずだ!って。

 

でも

ママはあなたのママになって

7年。

(8か!!!!!!!ごめん笑)

 

10,000時間の法則って

あるんだって。

1日3時間を10年続けるとプロになる!

そんな感じ。

1日3時間あなたに対して

行動計画を立てて

実践して

評価して

修正してを繰り返した

とは思わないけど

それに近いとは思う。

 

あなたのママのプロになるには

もう少し修行が必要のようです。

 

誕生日に怒ったらダメだよね。

ほんと

ママはロクでもない親だ。

 

 

で、

いろいろ考えた結果

一緒に

公文をやります。

 

ママくもん!

 

教室の先生も

「いいじゃない!」

ほうれん草のみんなも

「いいじゃん!」

パパは

「算数もやれ!」

 

英語と国語をすると言ったら

「子どもに3教科させて、自分は2教科かよ」

とのこと。

 

大人なのだから

フランス語もやれ、と。

 

体験したら

ちょっと面白かった!

 

ママは塾行きたかったけど

経済状況が分かっていたから

行きたいとすら言えなかった。

 

だから

自分がいいと思ったことを

あなたたちにさせようとする。

 

もしかして

ママ勉強したいのかも?

 

だから

ママもいっしょに公文式。

 

先生の前で音読なんて

恥ずかしかったですが

マドレーヌの由来はマドレーヌさん!とか

ヘェ〜って思った。

 

他の子も

ママの存在は面白いみたい。

大人がカタカナ真剣に書いてるから

確かに不思議よね。

 

一回体験しただけだけど

あなたたちもママがいることでウキウキしてたし

 

(多分年長さんくらい)

テスト中の女の子が

ママのことが気になるみたいで

何度も、何度も、目が合うから

サムズアップしたら

3秒くらいかけてうなづいて

応えてくれたから

ママは面白かった。

 

ママは

小1から始めます。

 

やい!小2。

追い越しちゃうもんねー。

 

f:id:tobami:20180825000526j:image

f:id:tobami:20180825000605j:image

100点もらうのって

 

大人になっても嬉しいよ。

 

多分

小5でつまづくと思う。笑

 

分からないから

学ぶのさ!