tobamiの親子で山村留学体験記

サイヤ人になるのが夢の兄!バスの運転手が夢の弟!山村留学で『1000個外遊びをする』を目標に、体験を通して思ったことを書くブログ

オーダーメイドにサポートする

f:id:tobami:20180907202248j:image

螺鈿(らでん)

 

テルミの先生のご主人の30年以上の付き合いのギターが壊れたそう。

直して直して使っていたけれど

弦を止めるブリッジの金属部分が取れちゃって

弦を固定出来なくなったって。

 

演奏中に壊れて

割りばしで何とか固定したとのこと。

すごい!

 

ずっと

大事にしてきたギターだったから

そのギターに施されていた螺鈿の貝を

ピアスに。

 

形を変えて、これからもずっと

演奏に参加するって。

なんか

いい話聞きました。

 

らでんって、初めて知った!

 

人生では

打って出ないといけない時があって

(たぶん)

それは大抵

今までの経験したことのないこと。

身体のすべての器官が

逃げるべきだ!

避けるべきだ!

と合唱する。

 

だから

逃げてしまえば楽なのだけど

ハートが立ち向かったら?

って言い続けてやめないなら

そこは

行きましょう。

 

特に

女の子や子どもや立場の弱い人が

あなたのために

出したことのない勇気を振り絞って

くれたのだとしたら

そこは

紛れもなく

打って出なくてはなりません!

 

平手打ちでなく!笑

(不謹慎ですね)

 

すぐに立ち上がれなかったのは

自分の非を誰に言われるまでもなく

分かっていたから。

 

自分が悪いと心底思っていたから。

 

辞めることが、

誰かのこれからの人生において

一番良いことだと

思ったから。

 

でも、

立ち上がったね。

ママはかっこいいと思った。

 

 

ママは暴力振るうね。(言葉もそうだから)

最低なのわかってるよ。

 

 

 

プールに

謝りに行くのに緊張してた。

なのに

兄がプールをサボって欠席してるのを

見てしまったから

緊張と怒りがごちゃまぜになって

 

兄の被ってる帽子のツバを

引っ張りまわした。

 

人前でやったから

あれをカメラで撮って

テレビで流せば

ママは犯罪者だね。

 

ふさわしい効果音をつければ

ハリウッド。

 

暴力は

良いわけない!

そんなことわかってる。

 

誰に言われなくてもわかってるよ。

 

少し前に

ミラーニューロンの話をしたね。

覚えてる?

真似っこ神経。

 

ママは親に暴力を受けたことないけど

暴力の映像は見たことがある。

もしくは

覚えていないだけで

小さい頃に見ているかもしれない。

(ゲンコツは食らったけど、たった一度だけ)

 

コーチが現役の時代に

コーチをやっていた人たちが

体罰をしていたら

体罰するね。

そういう仕組みを人間は持っているのだから。

あの時代に

体罰がなかったなんて絶対言わせない。

叩かなくても

しごき。

言葉を変えて体罰と大差のないことを

平気でやっていた時代もあったはず。

 

もちろん、そういうこととは無縁で生きてきたコーチも

選手もいると思うよ。

 

そして今、

時代の流れとともに体罰はダメだと

多くの人に認知されるようになった。

 

本気で誰かに向き合えば

感情が露わになる。

その時に、どう行動するか。

暴力はインパクトが強いよね。

インパクトの強いものから

行動に出てしまうのだと思う。

 

暴力はダメだって前提で話をしているよ。

 

ママは暴力を振るうから

「ママ失格。

あなたダメですね。」

それで

解決してないでしょ。

 

 

原因が暴力なら

それをしないために

どう考え

どう行動するのか

何度も何度も繰り返して

振り返って

成功体験を増やして

行動しないっていう行動を身につける。

 

コーチにがんばれ!って

教えてあげるのが

上にいる人間の役目だと思うんだよ。

ママは。

 

結果

選手を

全力でサポートしてるでしょ。

 

 

だって

それを望んでいるんだから。

 

保護者もそれを知っていて

子どもの意見を尊重しているし。

 

 

ママは、

プールの先生が

声をかけてくれた。

兄のサボりたい気持ちが分かるって言って。

自分も同じことして

母親に迷惑かけたから、

ママの気持ちも分かるって。

 

それを聞いて

ママも剣道サボってたこと

思い出したりしてね。笑

 

とても優しい応援をプールの先生から

もらった。

ほんとママはラッキーだよ。

 

 

ママは

ママにぴったりの応援をもらったから

落ち着いて

また

がんばれてる。

 

 

弟!

あなたが靴をきちんと履いていれば

間違いは起きなかったんだからね!

 

全く。

 

って

ママの指導不足です。

ごめんなさい。

 

 

f:id:tobami:20180907225435j:image

長倉さんがプロデュースされていたから

読んだけれど

すごく良かった。

読む前にアマゾンで本を検索したの。

 

3.11を経験した人に寄り添ってる人なんだって知って

ママはすごく嬉しかった。

こんなことしてる人いるんだね。

 

しかも

世界に認められた教育手法を

持っている!

 

ヤバくない!?