tobamiの親子で山村留学体験記

サイヤ人になるのが夢の兄!バスの運転手が夢の弟!山村留学で『1000個外遊びをする』を目標に、体験を通して思ったことを書くブログ

雨です。

運動会延期。

 

 

 

 

もし3連休軽井沢にいらっしゃって

どこか面白いことないかな?って

考えておられる方がいましたら

こちらはいかがでしょうか。

 

f:id:tobami:20180915065026p:image

 

ウッドフラワー!

 

兄も

体験で作らせてもらったことあったね。

 

これが作られた

きっかけが素敵なので

あなたたちの心に届いたらいいかと

思いまして。

 

 

自分たちの結婚式に

両親へ

プレゼントをするものを

考えていました。

 

新郎さんは村での材木の活用について

考えるなどしていて働いている。

ある時、

カンナくずを利用したウッドフラワーを

見て

これはいい!とひらめく。

 

結婚式でのお花の相談をしていた人に

この話をすると

とても熱心に話を聴いてくれて

アドバイスをもらうことが出来た。

 

そんな風にして出来た

ウッドフラワーギフトです。

 

ご両親ともに

喜んでもらえたのが嬉しくて

これを

村の特産に出来たらと

熱心に話を聴いてくれた方に相談すると

 

「すごくいい」

とのこと。

 

お仕事がお休みのときに

アレンジメント

花束

の講師をして下さって

最終チェックも

その方が!

 

凛としていてきれいな先生です。

 

ウッドフラワーの作成方法を考案したのは

村にお住まいの女性。

ちょー優しい。

気遣いされる方。

 

花を観察して

試行錯誤。

どうやったら

咲いている花のように

作ることが出来るか考えながら

丁寧な手作業で作っています。

 

そういえば

長倉顕太さんも

オリジナルにどれだけ近づけるかが大事

って。

 

好きな歌手がいるなら

その人が聞いてる音楽は何だろうって

考えるってこと。

 

ダヴィンチさんも

その辺

徹底的にやった人だと思う。

 

人を描くために

その人の中の筋肉や臓器にまで思いをかける。

天才って言われてるから

きっと

絵の中の人が

どんな気持ちでいるのかも

分かっていて

描いているかもしれない。

 

表情と内面に

もし不協和音が生じていたら

きっと

それを絵に描けたりしたのかも。

 

ママのママは

モナリザが日本に来たとき

見たって。

 

「ほんとに微笑んでたのよ!」

って。

 

嬉しそうだった。

 

ママもモナリザは

見たい。

 

 

 

ウッドフラワーで

もう1人。

アイディアの宝庫。

何かを行う時に打つ手を

いくらでも出せる人で

ママの尊敬するママさんも参加してます。

 

こんなに頼れるママに出会ったのは

初めて。

 

素敵!

 

 

といわけで

 

ウッドフラワー

きのはな『kinano』

 

誰かへのありがとうを

木を使って形にしたいという

男の子と

女の子の

優しい気持ちから生まれました。

 

 

 

木製のものが好きな人とか

木のおうちとか

合うと思う。

 

お花から木の香り。

家の空気が気持ちよくなる感覚が

ママにはあります。

 

f:id:tobami:20180915134301j:image

万座も

私をスキーに連れてってのロケ地の1つ。

 

硫黄泉。

良いですね!

 

あ!

標高!

1800mくらい。

 

これ大事!

ママはね!