tobamiの親子で山村留学体験記

サイヤ人になるのが夢の兄!バスの運転手が夢の弟!山村留学で『1000個外遊びをする』を目標に、体験を通して思ったことを書くブログ

齲歯

弟に虫歯が見つかった。

どう考えてもママがいけないんです。

食事と仕上げ磨き。

 

歯の健康しか

もう守れないと思っていたのに

歯も守れないのか、私は。

親が子どもに出来ることってないのか?

親が出来るのは子どもの成長を邪魔しない程度しか出来ないのかも。

 

薄々感じてはいたけれど。

 

草取りか育つ場所の選択?

 

取り過ぎたら

温室育ちと同じになるし、草に負けちゃうと育たない。

環境設定も本人次第だし。

 

いや

 

自分の子は雑草だと思った方がいいな。

 

雑草は強いですからね。

なずなとか最強でしょ。

ピカのあと、一番初めに生えてきた植物って読んだことあるから。

君たちはなずなだ。

除草剤かけられても、生えてくる。

 

じゃあ

親はなんだ。

 

木の上から立って見てるだけか。

 

 

見ていられるのが親なのか。

(じゃあ、太陽かなと思いたいけど、太陽は輝きすぎると作物を枯らす。

じゃあ、雨、かなとか思うけど、降り過ぎてもねぇ。

じゃあ、土か、いや、親に根なんか張ろうもんなら共倒れだし

まず、キモい。土の水はけ悪いと根が腐るんだよ。

ほら!やっぱり邪魔すんな!的存在。なのにいないと安心できない。)

 

だとしたら、親もつまらない。笑

 

耐え難きを耐え、忍び難きを忍び的な感じかな?

 

昭和天皇、いや、この文面考えた人たちすごいな。

 

あなたたちは雑草だ。

太陽に照らされすぎても

しなるだけ。

ちょっと焦げるけど、雨が降ればどんどんのびていくし土が硬かったら

根っこは行ける方に勝手に伸ばすし、親的には環境の良いところにって

思うけれど、その環境を良いとか悪いとか判断するのは結局子どもだ。

 

ひなたがいいとおもうけど

ひかげでもあなたたちがいいと思ったら

そうなわけ。

 

日陰から出る方法はあるよ。

種を飛ばせばいいの。

光のある方に。

その時に風が吹いてくれるのが条件。

だから

最後は運だ!って

いろんな人が言うのね。

 

なるほど!

 

だから、地道にできるやつが勝つのね。

 

場所を変えたくて

種を作って

ちょうど運良く風がふいて

いいとこに芽を出せても

その種の質がその場にぴったりじゃ無ければ育たない。

 

いや

どうかな?

考えが足りないかな?

 

どれかじゃなくて、どれもこれもだわ。

 

それで親が出来るのは社会貢献になるのね。

なるほどな。

(信じて見守るだけだと、動きが無いから期待が生じるでしょ。昨日、期待は時間の経過とともに重くなるものだから、自殺行為って感じてる。自分も行動していた方が

実は、メンタル的には楽だと分かった。ということは、親も何かして動いている方が楽だろう。子どもに向かうには技術が必要。バランスが大事だから。ママは無理。スケートで立つのが精一杯だから。笑 でも動いてた方がいい。究極、こどもの周りの人がみんないい人だったら、子どもはラッキーが増える。だから、子どもの幸せを考えると社会をよりよくしようとする。社会貢献って書いてるけど多分そんなに仰々しいものじゃなくていいのよ。隣にいる誰かのためにとか、些細なことでも社会貢献に含まれてる。

事件に大きいも小さいもない!って青島さん言ってますから。だから、社会貢献してる人は子どものこと考えてる人。子どものことを考えるのは、いや、人の成長を考えられる優しい人は、みんな、何らかの形で社会貢献してるんだろうな。もちろん、頭のいい人は規模がでかい。出来る人はやるべきだ。ママのような馬鹿はそういう頭のいい人のやっていることを応援する。自分が出来ないのは悪いことではないから、ひがんだり、ねたんだりなんてみっともないことはしないようにする。足を引っ張る人は傍からみてるとださいから。でも、ママが出来ることって何かしらね?ってか、めんどくせー。)

 

虫歯からの社会貢献。

 

ママってさ。

こじれてるよね。

 

知ってるよ。

 

あなたたちより付き合い長いですから。笑

 

今日はこんな感じ。

 

 

 

あーーーーーー虫歯!