tobamiの親子で山村留学体験記

サイヤ人になるのが夢の兄!バスの運転手が夢の弟!山村留学で『1000個外遊びをする』を目標に、体験を通して思ったことを書くブログ

対話の継続

今井さんもかっこいい!

 

「自己責任が他人を切り捨てる言葉になっている」 今井紀明さんが危惧する日本社会の空気
https://www.huffingtonpost.jp/2018/11/13/hufftalk-imai-noriaki-dp_a_23587979/

 

対話を継続することで、

新しい人生の活路を見出しているんだね。

対話って、他者とだけじゃなくて、

自己との対話でもあったりするんだよ。

関係性の話をしたでしょ。

ママが繰り返してこれを書くのは、

大事なことだからだよ。

他者との対話に見えることも

実は自分との対話だったりするんだよ。

 

 

 

誰かとの会話に疲れてる時は、

自己との対話をするんだけど。

ママのやり方は、

問題に対してなぜそう思うのか?

その出た答えに対して、なぜそう思うのか?

その出た答えに対して、なぜそう思うのか?

これを繰り返すの。

出た答えが変わらなくなれば、それが答え。安達元一さんは『アイデアを脳に思いつかせる技術』の中でなぜなぜ?って繰り返す方法を書いてるの!

ちょっと使い道は違うかもしれないけど、

ママ結構いい線いってると思わない?

安達さんって、

ママが好きだったバラエティ番組の放送作家。え?!これも?!っていうくらい圧倒的な数。その方が書いた

アイデアを出すための方法論が書いてある本。読みたいでしょ。

だから読んだけど、

いつものごとく全てはできないけど、

できそうなのから使ってみるの。

うまくいったらその方法論を続ければいい。

うまくいかなければ、他のをするだけ。

誰かとの対話でも掘り下げて考えるのに使えると思うよ。

なぜの答えになぜ?を繰り返す。

ママはこれでできるけど、

もっと違う方法もあると思うから、

やっぱり自分で見つけるのがいいかもね。

日本国内にもすごい人いるね。

対話をし続けようと覚悟決めてる団体もあることがわかったから、ママはなんかホッとしたよ。

まだまだいけそう。

ママが思ったのはそんなこと。

 

ママ、

村上春樹さんの『風の歌を聴け』

全部読んだよ。

で、思ったのは、

ハルキ、大好き!笑。

ママが39年間で気づいたことが、

すべて、この一冊に入っているよ。

ねえ!この本読んだらいいよ。

ママの10冊のリストに入れるから。

 

弟!もう長袖着て。笑