tobamiの親子で山村留学体験記

サイヤ人になるのが夢の兄!バスの運転手が夢の弟!山村留学で『1000個外遊びをする』を目標に、体験を通して思ったことを書くブログ

落書きでしくじったことあったでしょ。

f:id:tobami:20181209190722j:image

 

「おれ!落書きむっちゃしてるから!」

ママは、

(は?!)でしたが

「は!?おれのほうが落書きしてるから!!」

とのこと。

 

あなたたち!?

 

 

 

 

「興味ない」上沼の貫禄にネット感嘆「さすがとしか…」“相棒”高田純次のボケにも「いい味」
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/12/09/kiji/20181209s00041000171000c.html

 

えみちゃん、カッコいい!

 

さすがです。

 

やっぱりなー。

 

でも、

ママは、

こんな風になること

分かっておられたろうって。

そのことで自分が傷つくだろうってことも

想像しておられたと思う。

なんとなくだけど。

 

男性優位の日本社会では

男性へのドンマイ!が圧倒的。

しかも

とても早いんだよ。

それはそれでいいと思う。

他人の事は大目に見れる人でいたいもの。

 

でも、

女性へのドンマイはね。

どうかね?

 

 

えみちゃんみたいな

素敵な人はね。

陰で死ぬほど泣いてるの。

(ママがそう思うってだけ。

実際は分からないよ。)

どうしてかっていうと

ずっと人を笑わせているから。

 

陰陽論

この前話したね。

覚えてる?

 

物事は、2つの側面で成り立っているって

話したでしょう。

 

あれだけ人を笑わせる人は

悲しみも知っている人だと思うんだ。

 

起きた悲しい出来事の

明るい面を見られる人なの。

 

ママは

そういう人を頭が良いって言葉で表して使う。

 

でね、

えみちゃんの器のデカさもさることながら

 

きっと

 

えみちゃんの周りにいた人たちが

女性だけじゃなく

男性性優位の人も、

えみちゃんの心にたくさん気づいて

寄り添っていたんじゃないかと思うんだよね。

 

表面化しないだろうけど。

 

っていうか、

そうすることって

結局

どちらも助けることになるからなんだよ。

 

伝わるといいけど、

どうかな?

 

いろんな意見が出てきた気がしたの。

 

一方的じゃなく。

 

ほんとに助けが必要なのは一体誰なのか?

見えてる人がいて、

行動されてるって気がして。

 

ママは、M1と言えば

チュートリアルさんの漫才を思い出すよ。

あれは、凄い!

何回見ても笑うもん。

優勝するわー。

DVDはパパが持ってるから見て!

 

あれを笑わなかったら

.....

やっぱり読書量が足りてない可能性がある。

 

本を読みなさい!

本を!笑

 

 

ママは、幸せになりたいから

タフな人のそばに居たいと思う。

タフな人間は強いから

きっと

泣いてるなど想像しないでしょう。

でも、

そこを想像できたら

いい線いってる。

 

ママはそう思うけど

あなたたちは、どうかな?

 

 

認められたかったというエネルギーを

自分を成長させながら

昇華させる方法があります。

 

自分に出来ることはないか考える。

(誰かのせいだったのではないか?という方向で問題を立案した場合、自己の成長には反映されないから。)

 

スキーのジャンプも

柔道も

ルールが変わったりするけど

それでも勝つからね!

 

それってほんとカッコいい。

 

負けん気は自分に使ってね。

 

次は死ぬほど笑わせてやろうって

考えたら

面白いと思うんだよ。

 

モンティパイソンにもそんなコントあるよ。

 

超至近距離から銃を撃って処刑するんだけど、

たまが当たらないの。

色々やっても当たらないの。

その時に、ジョンクリーズがこう言うの。

 

Next time !

Definitely ! 笑

 

次は絶対に笑わせてやるからな!

 

ママはそう思うけど、

笑わせるってほんとに難しいから、

ね。

 

落書き比べで

青筋立ちました。

笑いもしました。

 

ママはまだまだです。